So-net無料ブログ作成

さよなら、ぼくの東京 [新隠居主義]

さよなら、ぼくの東京

TokioDsc_4838.jpg


  久方ぶりに訪れた晴海は昔毎年のように自動車ショーに通った晴海国際見本市会場の跡地も空地になって今は閑散としていた。突端の海岸沿いにはちょっと場違いのような感じのする立派な晴海ふ頭客船ターミナルのビルが建っていた。ここからの夕日の眺めが素晴らしいということで友人達とやってきた。ターミナルの一階はガランとしていたが、三階のテラスに出てみて驚いた。湾に面したテラスいっぱいに若者たちが集まっている。彼らはメイドのコスチュームやアニメのキャラクターのコスチュームなどに身を包み、お互いにポーズをきめて写真を撮り合っている。どうやらコスプレ大会の場に紛れ込んだらしい。

 その騒ぎを避けて一階下のテラスに降りるとそこは閑散としていた。テラスの突端に出るとレインボーブリッジを正面に東京湾の広大な景観が広がっている。もうすでに日は傾いて橋の向こうのビルの群れに沈もうとしていた。風が冷たい。暮れなずむ空は刻々とその彩りを変え、見ていて飽きることがない。やがて紺碧の空には宵の明星が、そして寄り添うように木星が輝きだし、三日月がそれをじっと見ている。次第にビルに明かりがともりだす。

 それ程たくさんの夜景を見てきたわけではないが、それでもいくつかの夜景がぼくの心に焼き付いている。高校生の時に修学旅行で訪れた函館山から眺めた函館の夜景。香港のビクトリアピークから眺めた夜の香港の街。車で深夜やっと峠を越えきった時にいきなり眼下に広がったグラナダの街の灯。白い真珠の群れがまるで息をしているようだった。オアフ島のタンタラスの丘からみたワイキキの街の明かりなど。その中でも東京湾の夜の景観は最も素晴らしいもののひとつだと思う。

 今日は日曜日なのでオフィスの高層ビルは明かりのついていないところもあるがウィークデーはビルの窓が光の列になって光の柱が何本も林立する。いつ頃から東京にこんな光景が出現したのだろうか。ぼくが育った頃の東京の下町には高い建物なぞなかった。近所では、というよりはたぶんその時の東京ではぼくの家からいつも見えていたお化け煙突がもっとも高い建造物だったかもしれない。空だって広かった。荒川の土手に寝転んで空を見上げれば遥かかなたに富士山や青黒い山々が見えた。それがぼくの頭の中にある故郷としての東京の姿だ。

 映画で言えば小津安二郎の「東京物語」や五所平之助の「煙突の見える場所」に描かれている世界がぼくの頭の中で今でも蠢いている。やがてお化け煙突が消えると同時に時代をバトンタッチするかのように東京の空に東京タワーが姿を見せた。東京のスカイラインは次第に高くなりつつあったが、それでもお化け煙突よりも格段に高いそのタワーは東京の至る所から見ることができた。今ぼくの目の前に展開している宝石箱のような素晴らしい光景はまぎれもなく今の東京の顔である。しかしそれはぼくにとって故郷としての東京ではなく、目まぐるしく変貌してゆく新たな生き物トーキョーの顔なのだ。

TokioDsc_4799.jpg


gillmans todey.gif

  *晴海ふ頭で夕陽を見た後、お台場に行きました。レインボーブリッジの上には鋭い鎌のような三日月が浮かんでいました。海岸沿いには恒例のクリスマスツリーのイルミネーションが輝いて、もうすっかりクリスマス体制になっていました。目まぐるしく変貌してゆくトーキョーの姿は躍動感があるのかもしれません。一方、何十年たって再び訪れても昔とほとんど変わらないウィーンなどのヨーロッパの古い都市も、それはそれで心が休まる感じがします。トーキョーも百年もしたらそんな街になってゆくのでしょうか。東京トーキョーもぼくは大好きです。出来ればこの二つの顔がいつまでも残っていてほしいのですが。

nice!(15)  コメント(5) 
共通テーマ:blog

nice! 15

コメント 5

ナツパパ

たしかに仰るとおりだなあ、と思いました。
でも...それでもふるさととしての東京が残っていって欲しい、と思います。
子どもたちのために、ぜひそうあって欲しいと。
by ナツパパ (2008-12-02 08:40) 

としぽ

おはようございます。
日本は急激に変化し過ぎていますね。
欧州のようにここらで落ち着いてゆっくり変化して欲しいですね。
by としぽ (2008-12-02 09:53) 

mimimomo

おはようございます^^
東京の夜景は時々山からの帰りバスの中で見ることがあります。
ほんとうに美しいと感じます。
しかし願わくば昼間も美しい街であって欲しいです。
by mimimomo (2008-12-02 10:25) 

リフソロ

美しい写真を見ながら、ふとわが町のことも考えてしまった。
「ずい分変貌しているなぁ。」と。
by リフソロ (2008-12-03 07:44) 

anan

お化け煙突とは懐かしいです。お墓が谷中にあり、お墓参りのたびに見ていました。新橋に生まれですが、家から隅田川の花火見物。東京タワーの建設は、麻布の小学校から見ていました。そしてその先には富士山が。

幼稚園から最初に勤めた会社まで、全部建て替えられました。特に幼稚園のあたりは再開発され、よすがもありません。

東京もトーキョーも好き。同感です。ここに住み続けるには、その刺激を糧とせねばなりません。最近時々疲れます。
by anan (2008-12-03 16:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。