So-net無料ブログ作成

Sexy [猫と暮らせば]

Sexy

KurobDsc01272.jpg

 ぼくは動物が好きで小さいころから色々な動物を飼っていた。犬猫の他にも、ウサギ、モルモット、カメ、ニワトリ、アヒル、熱帯魚、金魚にメダカ、セキセイインコ、文鳥それにザリガニにカエルさらにはカブトムシ、鈴虫や蟻んこなどの昆虫まで入れたら結構な種類の生き物を飼ったと思う。どれもありがちな飼い動物だが家にはいつも何らかの動物がいたような気がする。

 そのなかでも犬と猫は子供の時からずっと家にいた。一番長かったのはクロ(いつもどうしてこうありきたりの名前をつけるんだろうか)という名前の犬でぼくが小学校のころから大学に入るころまでいた。親父はドーベルマンの雑種だと言っていたが、短い黒毛が艶々したおとなしい犬だった。両目の上の眉毛のところに茶色の斑点があった。クロはいつでも一緒にいたから友達みたいな感じだった。

 猫はムク(これも毛が長くてムクムクしているから)という毛の長い三毛猫がいたが、その頃は猫は家の内外を自由に出入りしていたからムクが顔を見せるときはご飯の時かネズミを捕って自慢げに見せにくるときなどで、たいていはお袋に叱られている姿だった。

 大人になってまた自分でを飼い始めるとずいぶんととは違うなという感じがした。ぼくの覚えている限りでは犬のクロはいつだって上機嫌だった。というよりはぼくに機嫌の悪い様子を見せたことはなかった。遠くから見ていると、つまらなそうにしていたり、調子が悪そうに見えるときでもぼくが近づいていくといつだってしっぽを振って歓迎してくれた。

 子供心にも、クロがいつも愛想良くしていることが、ときにはなんか無理しているみたいで辛いんじゃないかと思う時もあった。人の好い友達みたいに自分が辛い時でも他人の相談事に親身になってのってしまうような… ぼくは子供の頃そんなクロのお腹を枕にして地面の上に寝ころぶのが大好きだった。クロの心臓がぼくの耳元でドコドコと音を立てているのを聴くと、なぜかとてもハッピーな気持ちになった。

 猫を飼って一緒に暮らしてみると犬のようにいつも愛想がいいとは限らない。それどころかいつの間にか猫のご機嫌をとっている自分に気が付きはっとすることがある。自分の機嫌の好い時にだけうるさいくらいまとわりついてきて、そうでないときは呼んでも知らんぷりをしていることが多い。

 よく見ていると猫くらいセクシーな生き物はないと思う。Sexyという言葉は、元来英語ではあまりいい意味には使われないらしい。ぼくらが言うセクシーは英語ではCharmingと言った方がいいらしいが、しかし猫にはセクシーという言葉の方がよく似合いそうだ。猫のその姿やしなやかな動きがセクシーだということもあるが、それよりも人間を蠱惑(こわく)する様な猫の生態にセクシーさがあるのだと思う。色々言ってみてもなんだかこちらの本音を見透かされているような猫の態度に、ついヒトは下手にでたり、ご機嫌取りをしたりする羽目に陥るのだ。

 犬にこれをやると大変な目にあう。犬は自分の方が偉いと勘違いしてただただ横暴で手のつけられない犬になってしまう。だいたい猫は初めから飼い主を飼い主とも思っていないところがある。自分の世話をさせてやっている位に思っているふしさえある。猫は個人主義なのかもしれない。しかし反面、クロがばあさんの面倒を見たり、ぼくやカミさんが調子の悪い時にレオがそばを離れないように、何くれとなく優しさを見せる面もある。不思議な動物である。

  ■「名詞」

  恋という字と
  猫という字を
  入れ替えてみよう

  「あの月夜に
  トタン屋根の上の一匹の恋を見かけてから
  ぼくはすっかり
  あなたに猫してしまった」と

  それからブランデーをグラスに注いでいると
  恋がそすぐそばでひげをうごかしている

    (寺山修司 少女詩集より)


catautumn.gif


nice!(29)  コメント(9) 
共通テーマ:blog

nice! 29

コメント 9

HAL

私も生き物飼うのが好きでした。
今は仕事が忙しくて世話できないのであきらめてるけど、、、

ほんとは大きな陸ガメを飼いたいw
by HAL (2009-12-13 12:35) 

mimimomo

こんにちは^^
犬派、猫派などと申しますが、結構両方を飼っていらっしゃる方は多いですね。
友人の中にも居ます。そして異口同音に『犬と猫は性格が全然違う』と言いますよ^^
by mimimomo (2009-12-13 13:28) 

こぎん

子どもの頃はどっちも好きでしたが・・・
やっぱり猫が好き!
散歩に行かなくてもいいよ~ってだけじゃないの!!(´艸`)
愛おしいです。
by こぎん (2009-12-13 16:24) 

blanc

私も小さい頃から動物大好きで
2歳位の時、夜明けにひとりで大きな大人の草履を履いて
近所の犬に会いに行っていたそうです。
(飼い主からもらうお菓子目当てだったのかもしれませんが...)
あの頃はまだまだ安全な世の中だったのですね。
by blanc (2009-12-13 20:55) 

aya

犬より 猫の方が気持ちを持っていると感じます。
行動そのものが個人主義ですね。
by aya (2009-12-13 21:11) 

seita

ご存知かも知れませんが、星新一の名作『きまぐれロボット』に収録された『ネコ』という作品が好きです。猫にかしずく人間の姿を観察した宇宙人が、ネコを地球の支配者と思い込む話です。

もし宇宙人が我が家をサンプルしたら、同じ結論に至るでしょう。
by seita (2009-12-14 01:53) 

愚理庵

あれから、自分のことを「ボク」と云っている、今まではいつ頃だったか忘れたが「ジージ」と云っていた、孫と同居していなのに...。

何か新鮮な感じがして、家の者がニヤリとするけれども、若返った様な気分になった。よし、明日はカメラを持って散歩に行こう。

by 愚理庵 (2009-12-14 03:11) 

sera

犬と猫はそれぞれユニークで、好きです。
私も小さい時、実家でずっと犬たちと暮らしました。
東京の狭い家には犬が無理ですので、
猫になっちゃった~(笑)

Vocalist-2-3、私も持っています!
藤澤ノリマサもいい好きです。
平原のAve Mariaも大好き♪
by sera (2009-12-14 16:12) 

鯉三

過去に犬を飼ったことがありますが、やはり飼い主への献身的な姿を見るにつけ、かわいいのを通り越して、かわいそうに思ってしまったものです。一方で猫はまったく人と対等に接してきますよね。同じ人と長い時間過ごしてきた動物なのに、この違いは何なんでしょうか。それぞれが人と生きていくために、人のためになる役割を補完しあってくれたのでしょうか。
by 鯉三 (2010-01-10 00:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。