So-net無料ブログ作成

北の扉 [Ansicht Tokio]

北の扉


UenoStR0021621.jpg

 ■昭和二十年、七月の末に、私たち家族四人は上野から汽車に乗りました。私たちは東京で罹災してそれから甲府へ避難して、その甲府でまた丸焼けになって、それでも戦争はまだまだ続くというし、どうせ死ぬのならば、故郷で死んだほうがめんどうが無くてよいと思い、私は妻と五歳の女の子と二歳の男の子を連れて甲府を出発し、その日のうちに上野から青森に向う急行列車に乗り込むつもりであったのですが、空襲警報なんかが出て、上野駅に充満していた数千の旅客たちが殺気立ち、幼い子供を連れている私たちは、はねとばされ蹴たおされるような、ひどいめに逢(あ)い、とてもその急行列車には乗り込めず、とうとうその日は、上野駅の改札口の傍で、ごろ寝という事になりました。

 その夜は、凄(すご)い月夜でした。夜ふけてから私はひとりで外へ出て見ました。このあたりも、まず、あらかた焼かれていました。私は上野公園の石段を登り、南洲の銅像のところから浅草のほうを眺めました。湖水の底の水草のむらがりを見る思いでした。これが東京の見おさめだ、十五年前に本郷の学校へはいって以来、ずっと私を育ててくれた東京というまちの見おさめなのだ、と思ったら、さすがに平静な気持では居られませんでした。翌朝とにかく上野駅から一番早く出る汽車、それはどこへ行く汽車だってかまわない、北のほうへ五里でも六里でも行く汽車があったら、それに乗ろうという事になって、上野駅発一番列車、夜明けの五時十分発の白河(しらかわ)行きに乗り込みました。
 
  
(太宰治 『たずねびと』より)

 久しぶりに友人と上野駅で待ち合わせた。師走の夕方はなにか町中がうなされたようにざわついている。太宰が家族と床に寝て一晩を過ごしたコンコース前の中央改札口は、今ではもちろん自動改札になっていて、そこをミツバチ達が押し合いへしあい巣に出入りするときのように人の群れが通り過ぎてゆく。

 待ち合わせの時間までまだ少し間があったのであたりをちょっとうろつく。ここ数年で上野駅は大きく変わった。中央コンコースの上に広がる鉄骨の見える三角の高い屋根は昔のままだが、壁面には列車時刻の電子掲示板などが並んでいたり今風の駅の装いになっている。買い物ができるモールもできた。

 上野駅はかつては北に向かって開かれた東京の扉だった。上野発の夜行列車降りたときから(津軽海峡冬景色)どこかに故郷の香りをのせて、入る列車のなつかしさ、上野は俺らの心の駅だ(ああ、上野駅)など東京に北から来る者にとっても、北へ去る者にとっても上野駅は特別な意味を持つ駅だったのだと思う。親父が集団就職の少年を迎えに行ったのも上野駅だった。ぼくが子供のころにはよく親父の車で上野駅の前をとおったが、昭和通りに面して馬蹄形の車寄せを持つ上野駅の姿はとても堂々として見えた。

 今では首都高にさえぎられて端正だった正面の顔全体を眺めることはむずかしいし、北へ向かう東北新幹線も東京駅が起点となって、北への扉としての上野駅の役割は薄れてしまった。そんなことを考えながら中央コンコースの端のアーチをくぐって昭和通り側の出口の方に向かった。

 今は中央コンコースにある「翼の像」の銅像は、確かアーチをくぐったこのスペースにあったような気がする。ふっと昔の姿が浮かんでくる。そう、その向かいに手渡しで切符を売る切符売り場の窓口が並んでいたのだ。今は銀座線や日比谷線の地下鉄に乗り換えるためのエスカレーターが作られてJRの改札からの人波が地下へと吸い込まれてゆく。

 エスカレーターで二階へあがると、そこは吹き抜けのテラスになっていて下を見下ろすことができる。テラスの先はレストラン街になっていた。吹き抜けのスペースはちょっとガランとして、空気がよどんでいるようだ。少しホコリとたばこのようなにおいがした。眼下のアーチの通路の形とその匂いとが、一瞬北の扉の時代のこの駅の姿を甦らせたような錯覚に陥る。だが、テラスの手摺に寄り掛かってアーチをくぐってくる慌ただしい人々の姿を見ているとすぐに師走の現実に引き戻された。
 

ATsignal.gif
ehagaki.gif


nice!(25)  コメント(10) 
共通テーマ:blog

nice! 25

コメント 10

愚理庵

上野駅、懐かしいです。両親の里が東北(宮城と福島)だったので、子供の頃、それも蒸気機関車の頃、幾度か行きました。なぜか、夜行列車で...。今なら数時間の距離なのに。
by 愚理庵 (2009-12-29 02:19) 

rantan-nya

公園口を使うのが主で、たまに中央口などに迷い込むとキョロキョロしてます
駅の周りと中とのギャップもありますし、不思議な空間です
by rantan-nya (2009-12-29 20:42) 

Rucci

今年もありがとうございました☆

良いお年を…☆
by Rucci (2009-12-31 07:17) 

manamana

上野始発の電車は年々少なくなっていて、
京成も日暮里を前面に出しているし、
風格ある駅の雰囲気も、変わってきているようですね。
今年はありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
よいお年を!
by manamana (2009-12-31 16:16) 

Krause

本年は、ブログを通じてお世話になりました。
また、2010も宜しく御願い申し上げます。

by Krause (2009-12-31 19:37) 

SilverMac

上野は地方と東京に接点でしたね。集団就職、懐かしい光景です。
by SilverMac (2010-01-01 07:10) 

親知らず

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
公園口の方の駅ナカなんて通ると、全く別な駅みたいです。
大昔、母が父と喧嘩して、夜中に起こされて御飯食べて
上野駅に帰った覚えがあります。(母の実家は入谷)
上野駅は、母の心の中では実家なのかも。
その頃はトロリーバスが走っていました。
by 親知らず (2010-01-02 10:33) 

ecco

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくです。
by ecco (2010-01-03 17:54) 

albireo

明けましておめでとうございます。
ご無沙汰続きで申し訳ありませんが、
今年もどうぞ宜しくお願いします。
by albireo (2010-01-04 23:02) 

しおつ

上野駅に初めて行ったのは小学生の時でした。
それから30年程経ちましたが、いろいろ変わったところもあれば
昔ながらのところもあります。
でも上野駅の独特の雰囲気はいまも感じます。
by しおつ (2010-01-09 23:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。