So-net無料ブログ作成
検索選択

眠り Der Schlaf [新隠居主義]

眠り Der Schlaf

 
IMG_0601.JPG

 

おお 、人間よ! しかと聞け !
深い真夜中は何を語るか?
「わたしは眠りに眠り- 、
深い夢から 、いま目がさめた 、-
この世は深い 、
 『昼 』が考えたよりもさらに深い 。
この世の嘆きは深い-
しかしよろこびは - 断腸の悲しみよりも深い 。
嘆きの声は言う 、 『終わってくれ ! 』と 。
しかし 、すべてのよろこびは永遠を欲してやまぬ - 、
深い 、深い永遠を欲してやまぬ!」

O Mensch! Gib acht!
Was spricht die tiefe Mitternacht?
≫Ich schlief, ich schlief -,
Aus tiefem Traum bin ich erwacht:-
Die Welt ist tief,
Und tiefer als der Tag gedacht.
Tief ist ihr Weh-,
Lust-tiefer noch als Herzeleid:
Weh spricht: Vergeh!
Doch alle Lust will Ewigkeit-,
-will tiefe, tiefe Ewigkeit!≪

(ニーチェ『ツァラトゥストラはこう語った』第四部「酔歌」より/氷上英廣訳)


 
IMG_0606.JPG


  このフリードリヒ・ニーチェの詩はツァラトゥストラの最終部分に出て来るのだけれど、マーラーの第三交響曲第4楽章のところでも歌曲としてアルトで歌われておりぼくの好きな曲でもある。

  実は一週間ほど前から入院して嗅覚の手術を受けている。この病院で手術を受けるのは頸の手術以来今回で4度目になるのだけれど、手術の際に全身麻酔を体験するたびに奇妙な感覚に襲われる。

  手術で顔がパンパンに腫れたお見苦しい写真は手術直後、病室に戻って来た時のスマホでの自撮り写真なのだが、この時はまだ少し意識が朦朧としている。頭の中には手術台に乗った時までのことしか残っていないのだ。

  全身麻酔は当たり前のことだけれど決して睡眠ではない。その間のことは恐らく記憶のどこにも残っておらず、それは敢えて言えば一時的な死という感じだ。麻酔から醒めた時、頭脳は一生懸命その空白を埋めようとあがくのだけれど、それは無駄な努力に終わる。

  ぼくは風邪をひいた時や、疲れ過ぎた時には食事も取らずに18時間くらい爆睡することがあるのだけれど、少なくともその時には睡眠の自覚もあるし、ぼくの場合その間に見た夢も大方覚えていることが多い。

  全身麻酔が痛みも感じず天国での死のようだとすれば、その覚醒後にやって来る間断無い痛みと、それを抑制するために投与される鎮静剤によってもたらされる眠りは、今度は現世の悪夢のような眠りかも知れない。

  ぼくの場合今回それは睡眠というより、うなされるという時間の連続でその間ぼくは何故か大学院の日本語教育の修論の資料が見つからずにずっと探し続けるという無限循環と、高速道路を逆走するというこれまた無限に続くループにはまっていた。

  ニーチェはツァラトゥストラの中で他所でも眠りについて書いている。云く…

  …睡眠をうやまい 、畏れるがいい !これが第一のことである 。そして 、よく眠れない 、夜なかに目をさましている者とつきあうな !

  盗人でさえも人の眠りをさまたげることを恥じている 。夜中に 、盗人は足を忍ばせて歩く 。
  しかし夜番は恥知らずだ 。恥知らずにも 、その角笛をふきまわる 。

  眠ることは 、決して容易なわざではない 。そのためには 、なにしろ一日じゅう起きていなければならない。…
  (ニーチェ同著、徳の講壇より/氷上英廣訳)

  まあここら辺は、ニーチェが「眠り」の名を借りて、先人の大哲学者ヘーゲルを揶揄してるようにも取れるのだけれど…。そんな哲学的な意味でなくとも、入院するような状況に置かれると如何に健全な眠りが大事で貴重なものか実感させられるのだ。


 
IMG_5589.JPG


gillmans todey.gif

  *再手術なのでちょっと手間どったようですが、匂いが戻るかは微妙です。医者からは匂いはダメもとと思ってくれと言われてますから。
  ぼくとしては、手術前に麻酔医が最後にさらっと言った言葉の方がショックでした。「あ、それから手術中に付ける人工呼吸器のテープが外れると命に関わりますからお髭は全部剃っておいてくださいね」え? 考えていなかった。前回は言われなかったのに…。
  術後、ちょっと高熱が続いてるので感染症の心配もあり、退院はもう少し後になりそうです。

  **この病院での手術はこれで4度目ですが、いつも入院するたびに感謝です。もちろん看護師さんや医師への感謝もあるけど、それ以上に食べられたり、歩けたり、笑えたり、匂いがかげる等、あたり前の日常がいかに得難く、そしてありがたいかに感謝です。
  今回の手術は再手術なので、骨が(頭蓋骨の一部)前回の手術で弱っており今回の手術中に折れる恐れがある、その時は血液成分でできた糊(生物学的組織接着剤というらしいです)を使いながら成形するといわれています。すごいなぁ。もうすぐ97歳になる母より先に逝くわけにはいかないので頑張ります。


 

nice!(50)  コメント(18) 
共通テーマ:アート

nice! 50

コメント 18

ナツパパ

手術が上手くいって、嗅覚が戻りますように。
わたしたちは、目で見る以外の感覚に、如何に助けられていることでしょう。
風邪で鼻が詰まったり、なんかの拍子に耳が聞こえ難くなったり...
どうか上手くいって、日々の暮らしに彩りが生まれますように。
by ナツパパ (2016-12-10 17:14) 

ZZA700

嗅覚が鈍ると、美味しい物も美味しく感じられなくなりますし、
色々な危険を察知できなくもなりますから、回復すると良いですね。
どうぞお大事にしてください。
by ZZA700 (2016-12-10 17:30) 

mimimomo

こんばんは^^人間は精密機械だからいろんなことがありますね。嗅覚が衰えると言うか無いと言うのはかなり寂しいですよね。食べ物の味だってかなり嗅覚に頼っていますもの。ぜひ元に戻るようにお祈りします。お大事になさって下さい。
by mimimomo (2016-12-10 17:37) 

green_blue_sky

快復しますように。
しばし静養をしっかりしてください。
お大事に。
by green_blue_sky (2016-12-10 17:49) 

fumiko

gillmanさんの術後の回復が順調でありますように!
嗅覚が改善されたらフルーティーなワインを贈ります。
by fumiko (2016-12-10 18:54) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

嗅覚の再手術、良い結果になることを祈ります。
全身麻酔1回したことがあります。
お大事にして下さい。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2016-12-10 23:05) 

親知らず

全身麻酔は肉体的にもかなりの負担です。
熱が出たり浮腫んだり乏尿になる事は想定内なので、心配しすぎないように。
早く全身状態が良くなって嗅覚が戻ると良いですね。
イマドキは病室からも記事が書けるのかぁ。

by 親知らず (2016-12-10 23:34) 

めぎ

手術の無事の終了、まずはなによりでしたね。
全身麻酔のその感覚、とてもよくわかります。
仕事の資料が見つからないという悪夢も、よくわかります。
どうぞお大事に。
by めぎ (2016-12-11 07:17) 

krause

手術の成功と、一日も早い回復をお祈り申し上げます。
by krause (2016-12-11 15:19) 

aya

ご無沙汰しております。 訪問してびっくり!でも
手術は無事に終えられたようで、良かったです!!
本当に 何でもない普通の生活が いかに大切かということ、そして
取り戻すことの難しさを 私も今回実感しました。
どうぞお大事に(._.)
by aya (2016-12-11 17:11) 

coco030705

心からご回復をお祈りいたします。

by coco030705 (2016-12-11 21:11) 

ゆきち

いきなりの「手術」の文字に驚きました。
術後の順調な回復をお祈りしております。

by ゆきち (2016-12-11 21:36) 

としぽ

手術が成功して嗅覚が戻ると良いですね。

by としぽ (2016-12-11 23:00) 

TaekoLovesParis

なんか大変なことになっていますね。大丈夫ですか。4度目といえど、、、。早い回復を祈ってます。

by TaekoLovesParis (2016-12-11 23:50) 

kuwachan

全身麻酔は大変だったことでしょう。
下半身の部分麻酔でも術後はかなり大変でしたから。
嗅覚が戻られることをお祈りしています。
by kuwachan (2016-12-12 17:32) 

engrid

嗅覚が戻られますように
術後の回復が、順調でありますように
どうぞご自愛くださいませ
by engrid (2016-12-12 17:51) 

お茶屋

どうぞご自愛のほどを、1日でも早いご回復を祈っております!
by お茶屋 (2016-12-12 18:52) 

nicolas

お母様、97歳!すばらしい!
まさに、親よりも先に逝くのは親不孝ですから、
ちょっと頑張らないとですね。
しかし、ニオイが分からなくなるのは辛そうです。
美味しいモノはニオイで既にご馳走ですから・・・
回復、お祈りしております。
by nicolas (2016-12-16 16:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。