So-net無料ブログ作成
検索選択

ハノイから [gillman*s Lands]

ハノイから


 ■…ハノイに旅立つまえ、私が想像世界のなかで勝手に関連づけていたヴェトナム像は、現地にのぞんだとき、なんら現実性をもっていないことが立証されたのである、過去数年間、ヴェトナムは私の意識の内側で、“弱者”の苦難と英雄行為を示す、ひとつの典型的な像として腰を据えていたのだ。しかし、私の心にとりついていたのは、じつは“強者”アメリカ像のほうであった―アメリカ的権力、アメリカ的残忍性、アメリカ的独善の形姿であった。

 ヴェトナムに存在するものと、究極的な出会いを行うためには、私はアメリカを忘れ去らなくてはならなかった。アメリカ的感性のうまれたもとになっている総体的な西欧的感性の限界を押しやぶるべく、もっと意欲的に努力しなくてはならなかった。だのに、私はヴェトナムの現実に対して、つかのまの、しろうとじみた首のつっこみ以上のことは、なにひとつ努めたことがことがないのを、つねに自分でも知っていた。…

  (スーザン・ソンタグ 著、邦高忠二訳 「ハノイで考えたこと」/晶文社1969年)



DSC00839rs2.JPG
DSC00910rs2.JPG
DSC00467r2.JPG


  ハノイは夜がきれいだ。でも決して美しいというわけではない。夜になるとヤシの木の街路樹にらせん状に巻きつけられたLEDのライトや、広いアベニューにゲートのように設けられた色とりどりの何だかけばけばしいまでのイルミネーションなどが街の埃(ホコリ)で煤けた部分を隠してくれるからかもしれない。でも、そのちょっと虚勢を張ったようなこの街の夜の独特なきれいさは嫌いではない。東京に帰ったら真っ先に思い出すのは、この夜の光景だと思う。

 ヴェトナムはぼくにとってもう長いこと来たくもあり、同時に来たくもない国だった。ハノイという街の名前をきくとぼくが今思い起こすのはスーザン・ソンタグの「ハノイで考えたこと」(Trip to Hanoi)そして沢木耕太郎の「一号線を北上せよ」だ。ソンタグが北ベトナムの招待でハノイを訪れたのが1960年代末でそれが彼女のその後の思考にも大きな影響を与えているような気もする。


 ソンタグが1960、70年代のヴェトナムを手繰り寄せる記憶だとしたら、沢木耕太郎は1970、80年代のそれかもしれない。いずれにしてもぼくがそれらの本を目にしたのはもっと後のことで、それまでのぼくにとってのヴェトナムは当時毎日のように報道されるハノイ・ハイフォンの「北爆」やテト攻勢そしてフエ・ダナンの攻防戦などであった。平凡な学生であったぼくは従順な日本のマスコミと同様に多分にアメリカ的視点で、かの地を見ていたはずだった。

 ぼくの中でその井の中の蛙的な安寧が突き崩されたのは、隠れるようにして読んだヴェトナムにおけるアメリカの戦争犯罪的行為を糾弾した一冊のマイナーな本だったのだけれど、そこら辺は別の機会に述べるとして、それがぼくが日本を出る一つの大きなきっかけになったことだけは確かなことだった。ぼくが当時のソ連のナホトカからモロッコのカサブランカまで旅した少し後に沢木耕太郎がインドのデリーからロンドンまで旅行したのを知ったのはずっと後になってからのことだった。沢木耕太郎はぼくと同い年だから、当時彼がヴェトナムに対して描いていた姿と得ていた情報はぼくとそんなに変わらないものだったかもしれない。

  話はそれたけれど、それ以来ヴェトナムはぼくの胸に刺さった棘のような存在だった。しかし、時代は大きく変わって、今やぼくのいっている日本語学校でも大勢のヴェトナムからの留学生がいる。彼らからも話を聞く機会が多くなったし、逆に彼らの話を聞くたびに自分の中のヴェトナムとの乖離が大きくなってゆこくとに戸惑ってもいた。

 そんな時にカミさんがヴェトナムとカンボジアに行こうと言ってくれたので、その尻馬に乗ったようなものだ。ルートはハノイに入ってハイフォンを抜け、ハロンを回り、一旦カンボジアシェムリアップに入りそれからヴェトナム中部のダナンホイアンフエを回る。もちろん昔のようにベンチで一夜を明かすようなこともないお気楽な観光旅行だが、自分の歳と体力を考えればそれが順当でもあるし、限界でもあるのかもしれない。

 実際に旅してみるとソンタグのようにきっぱりと固定観念を捨て去るわけにはいかないけれど、ここを旅すると、もう久しく忘れかけている「生活」という言葉が身近に迫ってくる。それは稼ぐとか、働くとかいう意味だけではなく、生きることそのものに直結した言葉としての「生活」だ。それはある意味人間の強さの表現でもあるような気がした。今、いろいろな光景がぼくの脳裏に残っている。


DSC00808rs.JPG
DSC00966rs.JPG
DSC00797rs2.JPG


 ■…ヴェトナムには、ホーチミンからハノイまで、基幹道路というべき国道一号線が通っている。かって、ヴェトナム戦争の激しい時期には、新聞にこの道路のことが出ていない日はなかった。アメリカ軍の輸送用トラックが一号線でヴェトナム解放戦線に襲撃された。あるいは、アメリカは一号線を空爆することによって「北」からの補給路を断つ作戦にでた、などという具合に。
ホーチミンからハノイまでの距離は約千八百キロ。日本列島に置き換えると、本州の端から端、青森から門司くらいまでということになる。…


  (沢木耕太郎著「一号線を北上せよ」/講談社)

IMG_6972.JPG
Lands.gif





[Photos]
・ホイアンのランタン売り屋
・結婚式を控えた?カップル(ホイアン)
・ハノイのタンロン城で記念撮影をするアオザイ姿の学生たち
・ホイアンの夜道
・街の床屋さん(ホイアン)
・フエの王宮の伝統舞踊ニューニャック




..


nice!(41)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

nice! 41

コメント 4

nicolas

ハノイって結構内陸なんですね。
しかもホーチミンまでって、そんなに距離があるとは。
街の床屋さん、猥雑な雰囲気あってオモシロイ。
これってもしかしたら、鏡に写ってる様子見ると、屋外?
by nicolas (2017-03-30 15:58) 

gillman

屋内ですが、大きな開口部があって半ばオープンエアーです。
by gillman (2017-03-31 10:11) 

coco030705

こんばんは。
フエのランタン市、すごくきれいですね。昨年はハノイとホーチミンにしか行けなかったので、今年はフエやホイアンに行きたいです。
とても活気のある面白い国ですね。日本の高層ビルが薄っぺらく見えました。ベトナムは日本みたいになってほしくないけど……。

by coco030705 (2017-04-07 23:54) 

kjisland

おお、ちょうど、11日からハノイ経由で、サパ、バクハに行くところです。ハノイはこれで2回目、ホーチミンとは、また、違った雰囲気で、私自身はホーチミンよりハノイが性にあっていると思っています。(笑)随分ご無沙汰していました。(笑)
by kjisland (2017-04-09 10:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。