So-net無料ブログ作成

カンボジア 雑感 [gillman*s Lands]

カンボジア  雑感

DSC06798r3.JPG



 アンコールワットの遺跡は前々から来たいと思っていたのだけれど、その割にはこの遺跡についての知識はからきしだった。大体アンコールワットとアンコールトムの遺跡の区別というか違いも判らず、それぞれ離れたところにあるのかと思っていたけど、アンコールトムがアンコールワットのすぐ背後にある寺院群だということも、ここに来て初めて知った次第。

 敷地の広さからいえば一辺が3キロメートルとアンコールトムの方が格段に広大なのだけれど、残された遺跡の状態からいえばアンコールワットの方が寺院などの建物が多く残されている。アンコールワットといえば必ずと言ってよいほど出てくるのが急な階段を持つ第三回廊と呼ばれる塔。

 ほとんど垂直に近いような階段を登るとアンコールワット全体を見晴らせるらしいのだけれど、以前は危険すぎて簡単には登れなかったのだが近年手すり付の木の階段が設けられた。と言っても建物の石の階段に沿って設けられたので上昇する角度は同じで、なんとも急な階段になっている。

 ぼくは極度の高所恐怖症なので最初から登る気はなかったのだけれど、その日は第三回廊に登る順番を待つ人の列が延々と続いていた。二時間待ちらしいので、ぼくにとっては登らない好い口実ができたようなものだ。ここを手すりなしで登った時の情景を思い浮かべただけでぞっとする。

DSC06808r.JPG
DSC06748r.JPG


 東南アジアの旅は本当に久しぶりなので、このちょっとダラっとした気だるさみたいなものを忘れていた。それでもまだベトナムは急成長の最中(さなか)ということで街には気だるさの中にもむせ返るような活気はあったのだけれど、カンボジアの方はまだまだのんびりとしている。

 立ち寄ったシェムリアップ郊外のロータス・ファーム(ハス畑)には畑の中に小さなコテッジがあって、ここで休日には地元の人や観光客が昼寝をしたりランチをしたりして楽しむらしいのだ。周りにはアヒルがいたり、近所の子供が遊んでしたりのんびりとしている。管理人がいるらしい掘立小屋のわきには水たまりがあって、そこにはゴミやらペットボトルやらがたくさん浮かんでいる。その傍らではハンモックに載せられた赤ん坊がスヤスヤと寝ている。一瞬、昔の日本の姿を想い出した。


DSC06814r.JPG
IMG_7388r.JPG


 カンボジアでガイドをしてくれたのは、現地の日本語ガイドのポーピシットさん。日本語の発音も自然でよかったけれど、敬語もしっかりしているのには驚いた。どこで日本語を勉強したのか聞いたら、ここシェムリアップにある山本日本語学校で二年間勉強したという。その学校は1996年に日本語でカンボジア復興を目指すという趣旨で山本宗夫氏が創設した日本語学校でいままで多くの卒業生を送り出している。

 学校ばかりでなく、日本語を習得した学生の働く場としてガイドの派遣や観光バス等の手配、さらに土産物販売なども行っているらしい。ポービシットさんは実に気配りも細やかで、遺跡などの説明も丁寧でわかりやすい。ぼくが日本語の教師をしていたと話すと休憩の時など日本語文法の話で二人で盛り上がった。

 各地で日本語の現地ガイド三人に今回はお世話になった。ハノイのトーイさんはハノイの大学の日本語科で勉強をして今ではハノイにおいては日本人観光客のガイド、また一方ベトナム人観光客の日本旅行に添乗して日本各地を案内するなどインバウンドとアウトバウンドの両天秤で活躍している。

 フエ、ホイアンなどをガイドしてもらったジュンさんは、日本の商社マンからボランティアで日本語を教わったという。日本語はまだ片言に近いが持ち前の明るさで乗り切っている。もう少しちゃんと話せるようになりたいが、なかなか時間がとれないという。三人が異口同音に言っていたのは、最近は中国人の団体ばかりで、それに比して日本語のガイドの仕事があまり増えていないということだった。確かにどこへ行っても聞こえるのは中国語ばかりで…。これも、時代の流れか。


IMG_7259r.JPG



DSC06718r.JPG
Lands.gif



 *旅行から戻って、疲れが溜まっていたのか風邪をこじらせたらしく結局一週間近く寝込んでしまいました。最近このパターンが多いので歳なのかなぁ。お蔭でなかなかダイエットでも減らなかった体重が一挙に4キロ近く減りました。まぁ、すぐ戻りそうですが。



lotus.jpg

nice!(53)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

nice! 53

コメント 7

ZZA700

東南アジアの「ダラっとした気だるさ」や、細かいことは気にしないユルさが、生温い空気と同じくらい大好きです^^
お身体、ご自愛ください。
by ZZA700 (2017-05-01 14:54) 

kjisland

ただいま、そのご当地、シェムリアップで長期滞在中。もう、4年になります。(笑)私も今回、二週間のベトナム旅行から戻ってシェムリアップ空港に降りたら、その気温とジメジメ感が迎えてくれました。ベトナムのサパ、バクハは、気温が、17度くらいで、寒かったのです。
by kjisland (2017-05-01 16:10) 

kjisland

そうですね、あの第三回廊。いろいろと紆余曲折がありましたね。最終的に、今のあの、階段。しかも、上にいる時間制限付きとか?まあ、空いている時に行けば、自由にできるのでしょうが、、、。ここは、カンボジアですから。(笑)
by kjisland (2017-05-01 16:12) 

ナツパパ

環境が変わっても、旅行中ですと気が張っているからか、
あまり風邪などにはならないように思います。
その分、日常に戻ると一気に来るのかもしれませんね。
わたしも昨年春、帰国したら風邪でえらい目にあいましたっけ。
by ナツパパ (2017-05-01 17:31) 

coco030705

こんにちは。
私が昨年行ったベトナム旅行は、日本旅行の「てんこ盛りツアー」というものでした。すごく忙しいツアーて、ベトナムの、のんびりした空気感に触れることが少なかったように思います。今年もホイアンやフエにいきたいですが、もうちょっとのんびりしたツアーにしようと思います。ベトナム人ガイドさんはハノイ、ホーチミンともよくて、日本語も上手でした。ベトナム人は日本の中小企業に来ているみたいですが、大企業はまだ無理なんでしょうね。


by coco030705 (2017-05-01 18:28) 

katakiyo

私も昨年旅行に行ってきました。現地ガイドさんが気配りが良く
楽しい旅でした。
by katakiyo (2017-05-01 21:13) 

mwainfo

皆様のご訪問の証として、ナイス欄を再開いたします。  皆様のブログへの訪問は、相変わりませず継続いたします。  よろしくお願いいたします。

by mwainfo (2017-05-10 22:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。