So-net無料ブログ作成
検索選択

新宿 しんじゅく Shinjuku [Ansicht Tokio]

新宿 しんじゅく Shinjuku


MSShinjukuBW.jpg


  人なつかしさだけが、行き場を失って空っ風のように

  渦巻いている孤独な町。

  だが、私たちにとって、新宿は、最後の町なのだ。

  ここを失なったら、もう、どこも帰る「町」はないのである。

       (寺山修司/気球乗り放浪記) 



DSC00010rsbw.JPG

  新宿のことは余りよく知っている訳ではないので、偉そうなことは言えないけれど、最近の新宿は何か違うという感じがしている。中学は両国、高校の頃は本郷谷中、大学なってからも北千住上野銀座界隈が馴染みだったので、新宿はたまに行くくらいだった。それでも新宿三丁目の都電通りや花園神社の紅テントや今は高層ビル地帯になっている淀橋浄水場の記憶があれば昔の新宿を語る資格は一応あると思うんだけど…。

 歌舞伎町のコマ劇場もなくなったし、ゴールデン街は、はみ出し若者やフリーク親父たちの憩いの場からディープ感たっぷりの外国人向け観光スポット的な色彩を帯びてきたし、あの新宿西口地下広場は何の政治色もない能天気なスペースに変わってしまったこと等など。あえて言うなら牙を抜かれた虎のような…、毒を抜かれたフグのような。

 1969年の冬、数千人の若者が西口地下広場に集まってベトナム戦争反対のフォーク集会が開かれた。真冬の熱気。すぐさま政府は新宿西口地下広場は、「広場」ではなく「通路」であるから集会は許可しないと、露骨な弾圧に出た。ぼくらは日本には「広場」がないから革命が起こらないのだ、と冷笑するしかなかった。

 それから通路はホームレス達のねぐらになり、やがて忘れ去られた。でも、それでもその先に高層ビルは増え続けていった。すべてが一新されたのは、都民を睥睨する砦のようなあの都庁がやってきてからかもしれない。役人達が気持ちよく通勤できるようになのか通路が整備され、動く歩道までつくられた。確かにきれいになって、快適になって…そして、毒も熱気も、ついでに人なつかしさまで姿を消して、新宿はどこまで無機質な街になってゆくのか。



MSShinjuku.jpg

ehagaki.gif



  *もちろん、西口と東口では今でも雰囲気には大きな差があるように思いますが、それでも寺山修司の言っていたような人なつかしさは希薄になっているような気がします。と言いつつも、本当は大好きな街ではあります。今は毎週のように行っていますが、西口が多いので東口方面にもまた行くようにしたいと思っています。


..

nice!(37)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

nice! 37

コメント 3

coco030705

こんにちは。
大阪人なので、新宿はほとんど知らないのですが、昨年損保ジャパン美術館の「樹をめぐる物語展」へ行ったので一部わかります。高いビルが多い街だなと思いました。
私は銀座、有楽町や六本木が好きです。

by coco030705 (2017-05-25 15:00) 

JUNKO

新旧朗報の顔が見られる新宿は大好きです。モダンな超高層建築、江戸時代をほうふつさせる老舗。どちらっも好きです。
by JUNKO (2017-05-25 20:10) 

親知らず

新宿には学生時代に輸入レコードを買いに行きました。
新宿コマ劇場も何度か行きましたが、ステージが客席に近くて臨場感がありました。
by 親知らず (2017-05-26 22:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。