So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

無香生活宣言 [新隠居主義]

無香生活宣言

Aromalose2017.jpg




 結局、嗅覚は戻ってこなかった。今もゼロである。昨日は手術後三か月で術後の最終診察日だったのだが、三か月たっても嗅覚が戻っていないということで、医者にこれ以上の改善は期待薄だと言われた。どうやら嗅覚の神経自体がダメになっているらしい。

 嗅覚は大事な五感の一つなのだけれど、嗅覚が全くのゼロになっても障害とは見なされないということだった。それは一つには嗅覚能力の厳密な測定法が無いのも一つかもしれないが、ソムリエや調理師や調香師でもない限り社会生活にさして支障はないだろうという位の世間の認識もあるのかも知れない。

 だが、ちょっと考えれば、以前ぼくも部屋の壁のペンキを塗っていて危なく倒れそうになったけど、シンナーや強い揮発性の匂いも分からないので昏倒リスクが高まることくらいは想像できるし、火事の初期段階のきな臭い匂いや、ガス漏れだって感知できない。もちろんこれらの生活上のリスク対応能力が低下することは由々しきことなんだけれども、実は匂いが無くなることによる本当のダメージは長い時間の中でボディブローのように効いてくるのだ。

 前にも書いたことがあるけど、匂いが全く無い世界というのは一言でいえばモノクロ映画を観ているようで現実感に乏しい。変な例えだけれど、テレビでやっているサスペンス・ドラマか何かで殺人事件のシーンがあって死後何日もたった被害者が見つかる。本当ならばその付近は腐乱死体の腐敗臭が立ち込めていて、現実には居たたまれない状況のはずだが、テレビを見ているぼくらは他人事のようにストーリーの展開の方に関心を向けることができる。それは匂いを抜くことによって現実感が薄まってゆく一つの例だ。匂いのない日常というのは要はそういうことなのだ。

 匂いが無いと毎日がどことなくうわついた、現実感を欠く浮遊感の中で過ぎてゆく。そのうち本当に奪われたのは匂いではなく、人生を噛みしめる貴重な瞬間、時間であったことに気が付く。全ての時間の質が変わってしまったことに気が付く。無くしたのは、ゆっくりとコーヒーやお茶を飲みながら本を読む時間であり、妻とバカを言いながらテレビを見つつワインを飲む時間であり、干した布団の陽の香りを胸いっぱい吸いこみそれに包まれて眠るという…。失ったのは上質な時間。

 昨日、もしかして、と言うはかない望みも絶たれて、言わば医者に「無香生活宣言」をされたようなものだ。でも、それで少しは踏ん切りがついたような気がする。まぁ泣き言は今日のこれ位にして、無くしたものを嘆き続けるより、残ったものに感謝してそれを磨き上げて、香り無き日常の楽しみ方を自分なりに探究してゆこうと思っている。それに良いことだって一つはある。匂いが分からなくなって猫のトイレを掃除するのが苦にならなくなったことだ。

Aromalose2017cbw.jpg

AG00333_.gif
Inkyoismlogo.gif


*最近テレビのコマーシャルを観ていると、
実に香りに関する事項が多いことに気が付きます。
印象としてはざっくり言って3割くらいは
香りに関するメッセージが入っているような…。
食べ物や化粧品の宣伝はもちろん
洗剤、芳香剤などの良い香りを売りにしているもの
また逆に匂いを取り去る消臭剤など等。
匂いが分からなくなると、実は世の中は
様々な匂いに囲まれていることがかえってよくわかります。


.

nice!(45)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

小さくなる背中 [新隠居主義]

小さくなる背中

Mutter972017.jpg




  …老いるってことは病(やまい)るってことと同じ。
 だけど、それは闘うんではなくて、猫とつきあうように、病とか老いに静かに寄り添ってやるもんだと思うんだよね。一緒に連れ添っていくというか。

 よく、頑張んなきゃとか、しっかり生きなきゃとかいうけど、頑張んなくてもいい、寄り添っていけば。力まずに、それも自分だという風に生きていくと、すっと楽になる。そんなこと思ったの、つい三、四日前なんだけどね。(笑)…

  (緒形拳「私と猫」)



 母はこの2月で97歳になった。それまでは比較的しっかりしていたんだけれども、昨年の夏の終わりころから急激に認知症の症状が顕著になり年末の介護認定の更新では要介護4ということになった。

 母が認知症と診断されたのはもう十年くらい前になるが、その時に当時通っていた大学院の精神医療の授業で教わっていた医師にそのことを相談したら、認知症を治す薬も予防する薬もまだないが、唯一症状の悪化を緩やかにする薬があるので服用した方が良いというアドバイスをもらった。

 かかりつけの精神科医に処方してもらって、幸いその薬が母にあったのか副作用はみられなかったので(叔母は一度その薬を試したがむくみの副作用がひどく止めたのだということを聞いていたので心配だったが…)以来ずっと続けていた。そのお蔭かその時々で状態に波はあるものの何とかやってこられた。もちろんその間にも、この前まではアレはできたのに最近は出来なくなったなどというものが徐々に増えていった。最初に俳句ができなくなって、それから新聞が読めなくなって、とうとう字を書いたりメモもとれなくなった。

 今は調子がいい時はぼくやカミさんのことは分かるけれど、そうでない時は話しかけても中々反応しなくなった。車椅子の生活なので足のむくみが気になってマッサージしてあげるのだけれどいつもの「ああ~、いい気持ち」という声も聞かれなくなったし、頸のマッサージをするために後ろに回るとほんとに背中が小さくなった。

 ここのところ二、三日日差しの暖かい日が続いたので近くのお寺に散歩につれて行ったのだけれど、周りに関心がなく早く帰りたがるようになった。以前は口癖のようだった、どこが痛いとかもう生きてるのが嫌になったとかは言わなくなったけれど、そうなると、そんな泣き言、繰り言でもいいから言ってもらいたいという気にもなってくる。車いすを押しながら、これから益々母の背中は小さくなっていくんだろうなぁと想った。気が付けば自分ももう身体の無理の利かない老いの中にいる。今は寄り添うことくらいしかやってやれない。

muti2017bw.jpg


j0395444b.jpg
Inkyoismlogo.gif

nice!(46)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ