So-net無料ブログ作成
検索選択
猫と暮らせば ブログトップ
前の10件 | -

突然の別れ [猫と暮らせば]

突然の別れ


IMG_7805.JPG


  昨年の暮れくらいから、嗅覚を失ったことや母の事で気落ちした状態が続いてそれが身体にも響いているのか今ひとつ体調がすぐれない。そんな時に以前から予定していた旅行に思い切って出かけたのは良かった。

 暖かい国で東京の長引く寒さを避けられたのもありがたかったけど、何より一時花粉から逃れられたのも良かった。今度の旅行では色々と考えることもあったし、久しぶりのアジアに触れてエネルギーをもらえた様な気にもなった。

 旅の日程もあっという間に終わって、東京に帰る飛行機をハノイの空港で待っている間に留守番の者からメールをもらった。普通は余程の事がない限り旅行先にはメールはよこさないのだけれど…。メールには羽田に着いたら直ぐ連絡を下さいとあった。そういうメールがなくても、羽田に着けばいつも直ぐに連絡を入れているんだけど…、と訝った。その時は乗り継ぎ便の接続が余り良くなく空港で数時間の待ち合わせをしなければならなかった。

 高齢の年寄りを抱えている事もあって、飛行機を待っている間にも何があったんだろうかとどんどん気になって来て、あと数時間で羽田に戻るのだけど結局メールで問い合わせてしまった。帰ってきたメールはクロが今朝死んだ、というものだった。詳細は帰ってから聞くと答えたけれど、家に着くまで気持ちは虚ろだった。

 その日の深夜になってやっと家に着くと居間のソファーの上にタオルにくるまれてクロが横たわっていた。まるで眠っているようだった。でも身体に触るとひんやりと冷たいので生命の火はもう灯ってはいないことがわかった。何度もクロの身体を撫ぜてあげながら「あと、一日だったのにねぇ」と呟いた。

 クロは突然死だった。その朝も元気に窓辺で日向ぼっこしていたのに、暫くして階下の居間に下りて行ってそこで倒れたらしい。以前飼っていたタマの場合と同じだった。18歳のタマはカミさんの膝の上で寝ている時いきなり全身を硬直させてクーッと呻いたきり逝ってしまった。ほんの数十秒のことだった。

 苦しんだ様子もなく、あっという間の出来事だった。眠るようなクロの表情を見ると、きっとクロもそんな風だったのかもしれないと思った。傍に居て看取ることはできなかったけれど、苦しまなかったようだったのがせめてもの救いだった。

 飛行機が羽田に着くまで、ずっと色々なことを考えていた。もしかしたら夜が寒かったのかとか、モモとケンカしたのかとか、苦しんだのか、とか…。でもクロの最期の様子を聞いて少し心の重荷がおりた。これからはクロと過ごした時間をゆっくりと噛みしめたいと思っている。

momokuro.jpg



catblack.gif



 *クロは12歳でした。捨てられた子猫で雨のなか家の前で倒れていたのを母が見つけて飼いだしました。その時の模様を書きだしたのがこのブログを始める一つの契機ともなりました。そういう意味ではこのブログもクロの贈り物です。

**昨日、ペットの葬儀社さんにクロの火葬と埋葬をお願いしました。またこちらも歳をとってきているので、これを機会に我が家に安置してあったタマチャー先代レオのお骨をクロと一緒に埋葬のお願いをしました。


IMG_7701b.JPG



nice!(50)  コメント(15) 
共通テーマ:アート

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その25~ [猫と暮らせば]

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その25~

LeoKuro2017.jpg



 ■ 長いこと一緒に暮らしていると、犬は飼い主の言うことが分かるようになってくる。猫は長いこと一緒に暮らしていると猫の言うことを飼い主が分かるようになってくる。 (gillman)



  今回は古今の著名人が残したちゃんとしたアフォリズムじゃなくて恐縮なのだけれど、これは今まで犬や猫と暮らしてきたぼくの実感なのだ。犬と猫を比べるアフォリズムは多いけど、その大半はどちらかというと猫に分があるようだ。それは文学者などに猫好きが多いということもあるかもしれないけれど、猫の方が野生が残っているので人間にとっては、特に詮索好きの人間にとっては謎解きのような楽しみがあり魅力的に映るのかもしれない。

 いずれにしても、猫も犬も人類が同じ空間で同じ時間を過ごしてきた親しい存在であることに変わりはない。それだけに、その違いに目が行くのかもしれないけど…。その一番大きな違いはコミュニケーションのスタイルの違いがあるかもしれない。犬は常に飼い主とコミュニケーションを取りたいと思っているし、一方猫は自分の必要な時にのみ自分の欲求をわかってもらいたいという傾向がありそうだ。

 どうも、その傾向が飼い主の性向にも表れる、というよりそういう性向が犬か猫を選ばせるのかもしれないが…。いずれにしてもテイストが微妙に異なる。誤解を恐れずに端的にいうなら「犬は教える喜び、猫は学ぶ喜び」みたいな感じがありはしないか。最近は猫を飼っているから、どうも猫の言うことをきいてその通りにしていることに喜びを感じている自分がいたりして何とも不可解千万である。

 最近はモモがマッサージを覚えて、寝る前にベッドの上でぼくのお腹をひとしきりマッサージしないと気が済まない。マッサージといったって、もちろんあの猫特有のモミモミ運動なのだけれど、体重をかけて揉まれるとそれはそれでマッサージっぽくなるのだ。で、暫くたって気が済むと解放してくれるのだけれど、途中で起き上がったりするととにかく怒る。その様子を傍らでレオは冷ややかな目で見ている。両方猫なのに。わからんっ。あ、そういえば、こういうアフォリズムもあったなぁ。


 ■猫とは、解答のないパズルである。(ハーゼル・ニコルソン)
 A cat is a puzzle for which there is no solution. (Hazel Nicholson)



Momo2017.jpg
Momobed2017.jpg


catlife_tampopo.gif

nice!(42)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その24~ [猫と暮らせば]

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その24~

YuutoLeo2016c.jpg



 ■

 私は自分の家に持っていたい

 わけの分かった一人の妻と

 書物の間を歩きまわる一匹の猫と

 それなしにはどの季節にも

 生きて行けぬほど大切な

 私の友人たちと

  (アポリネエル/堀口大學訳)


 上の言葉は大佛次郎の随筆「猫のいる日々」に出てくるアポリネエルの詩だ。なんとも静謐で良き時代の文化人の理想のような生活にも思える。これはアポリネエルでなくとも、こういう雰囲気の生活に憧れるのは西欧はもちろん昔の中国でも、日本の文人でもあるのではないか。

 もっとも僕なんかの今の生活はそんな静謐さにはほど遠いけれど、妻・書物・猫・友とその要素だけは一応整っている。そればかりか、猫は三匹もいる。まぁ、数の問題じゃないけれども…。感謝しなければならない。

 考えてみたら、その四つは自分が死に物狂いで働いていた時期にもちゃんと自分の身の回りにあったのだ。ただ、それに目を向けてつくづくとその有難味に感謝する気持ちの余裕も、その時間の余裕も無かったのだと思う。

 幸い今はそれに気付き感謝する時間も十分にあるけれど、今度は先に時間がそうは残されていないことに思い至る。時間はできたが、他方で今度は残された時間との戦いが…。と、以前は思っていたけど所詮時間と戦っても勝ち目はないので、今は一日一日を大事にすることに徹するようにしている。

 大佛次郎はこの随筆の中で、自分が臨終の時には猫がそばに居て欲しいと言っている。そればかりか、もしあの世というのがあってそこには猫が居ないのだったら自分の棺桶に入れて欲しいとも。もちろんこれは例えの話だけれど、それ程に猫を好いていたということだろう。

 大佛次郎はあの世に猫を連れて行きたいと言ったけれど、ぼくは自分が先に逝って万一猫だけが残ったらどうしようと心配している。ウチの猫は今、12歳、11歳、9歳だから猫にすれば決して若くはない。人間の平均寿命からすれば普通はこちらの方が長生きするのだろうけど、そこは何とも言えない。

 これからも、猫の居ない生活は想像し難くずっと飼い続けたいと思うのだけれど、万一猫が残った時のことを思うとカミさんともう新しい猫は飼えないかもねぇと話している。身内や周りに引き取って可愛がってくれそうな者がいるなら安心できるのだけれど、残念ながら猫嫌いと猫アレルギーなどで里親候補はみつからない。



catautumn.gif

nice!(41)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

晩酌猫 kuro [猫と暮らせば]

晩酌猫 kuro

Kuro2016sdw.jpg



 食事の時には基本的には猫たちを食卓には載せないのだけれど、クロだけは例外でぼくが食事をしながら晩酌をしている脇に控えている。クロは身体が小さいことと、ばあさんの躾でそうなってしまった感がある。食卓の上に居てもさして悪戯はしないのだが、かと言って油断しているとお魚ののったお皿にソーッと手が伸びてきたりする。

 クロは2004年の10月にまだ生まれてひと月も経たないような子猫の時に家の前で倒れていたのをばあさんが保護したのが縁で飼い始めたからもう12歳になる。この間テレビで日本の飼い猫の平均寿命が11歳に伸びたというニュースをやっていたので、クロももう飼い猫の平均寿命を超えたわけだ。

 以前飼っていた白猫のタマは18歳まで生きたからクロもまだまだ頑張ってもらいたいのだけれど、ばあさん猫になったからか、最近とみに人使いがあらく、やきもちやきになってきた。とにかくぼくが家に居る時は一日中後をついて回る。普通猫は余りそういうことはないのだけれど、それにクロだって以前はそうでもなかったのだけれど…。

 一匹だけで飼っている場合はそうでもないのかもしれないけど、三匹もいると独占欲が出てくるのかも。朝も朝食が終わるとなんとかぼくを寝室の方に連れてゆこうとする。とにかく自分の気が済むまで話さない。後ろを振り向き振り向き人を寝室へと誘導する。寝室に入ると自分はさっさとベッドに上がって横になる。これが朝の儀式で、これをしないと一日がはじまらない。

 一事が万事で何かやって欲しいことがあると、ぼくの所に来て鳴く。しらんぷりをしていると、段々大声になる。ぼくが椅子に座っている時は立ち上がってぼくの袖を引っ張る、結局根負けして言う事を聞いてしまうのだ。モモはそういうところが見たくないのか、プイとどこかへ行ってしまう。ここら辺が今の悩みと言えば悩みではあるけど、晩酌猫のクロをはべらせての夕餉のひと時は何ものにも代えがたい時間だ。いつまでも続いてほしいと願っている。


kurojif2016.gif



catblack.gif

nice!(39)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その23~ [猫と暮らせば]

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その23~

DSC03897r.JPG


  ■猫のたたずまいには、孤高を堪能しているような何かがある。
    
(ルイス・J・カミュティ/米国の猫獣医、1893~1981)
  There is something about the presence of a cat...that seems to take the bite out of being alone.


 ウチには白、黒そして灰色の三匹の猫がいる。日中に三匹で一緒にいることはまずない。尤もぼくとカミさんも日中は別の部屋にいることがおおいけど…、猫も含めて1日に二度はみんなが一緒の部屋に集まる。

 それは朝食と夕食の時なのだけれど、その時間の催促をする担当が猫たちの間では決まっているようなのだ。朝食の時はクロが呼び出し担当で朝一番でベッドの上にぼくをおこしにくる。

 クロのタイムリミットは7時半でそれ以上になると、「ニャゴー(おきろ〜)」と大声を出してぼくの顔の上に乗ってきたりする。その間他の二匹は「早くおこしてこいよ〜」といった感じでぼくとクロのやり取りを見つめている。猫たちは家中みんなが揃わないと自分たちの食事も始まらないのを知っているようだ。

 夕食の催促担当は白猫のレオで、彼のタイムリミットはちょっと細かくて5時20分。ぼくが二階の部屋でパソコンを打っていたりすると、カミさんの食事の支度が始まる5時頃には一階の階段の下でぼくが降りてくるのを待っている。

 暫く待っても降りてこないと、そこで二、三回鳴いて今度は二階の階段を上がった辺りで待機。それでもダメだとダルマさんが転んだ、みたいにジリジリとぼくの机に近づいて来る。

 そして5時20分になると、ついに待ちきれなくなってぼくの机の上に乗ってきてぼくの顔の真ん前にきて睨みつけてンニャ〜。こうなるともう、もう一緒に階下に降りるまでかんべんしてもらえない。灰色猫のモモは催促担当はやらないけど、猫用のランチョンマットを床に敷いてぼくが猫茶碗を三つ用意しているうちに真っ先に定位置について待っている。

momo2016rs.jpg



 食事が終わっても飼い主としては暫し猫を交えてまったりとした家族団らんのひと時を…、と思うのだけれど、猫たちは自分たちの食事が終わると「は~い、解散!」みたいに各々のお気に入りの場所に散ってしまう。

 レオは大抵は一階の居間の出窓に陣取る。一階の寝室のベッドの上はクロもモモもお気に入りの場所なのだけれど、これは早い者勝ちなので二匹一緒に居ることはない。

 モモがベッドの争奪戦に負けた時は大抵二階のぼくの机の上で午前中を過ごす。クロのお気に入りの場所は二階の出窓の所で、寝そべって外を見たいのでブラインドが邪魔だと器用に手で広げて外を見ている。

 モモもクロも甘えるのが好きでぼくの膝の争奪戦もあるのだけれど、それだってひとしきり甘えて満足すると、自分のお気に入りの場所に行って寛いでいる。基本的には一人が好きなのかもしれない。

 猫は一人でいてもちっとも寂しそうに見えない。それどころかその佇まいには侵しがたいような、他人が邪魔するのがはばかられるような雰囲気さえ漂ってさえいる。一人で居ることのあの心地よさ、そしてそれで好いのだというあの確信はどこからくるのだろうか。

Kuro2016rs.jpg




catj0205360.gif
cats_life.gif

nice!(50)  コメント(9) 
共通テーマ:アート

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その22~ [猫と暮らせば]

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その22~

たまDSC00067.JPG



 ■老いと猫

 …老いるってことは病(やまい)るってことと同じ。
 だけど、それは闘うんではなくて、猫とつきあうように、病とか老いに静かに寄り添ってやるもんだと思うんだよね。一緒に連れ添っていくというか。

 よく、頑張んなきゃとか、しっかり生きなきゃとかいうけど、頑張んなくてもいい、寄り添っていけば。力まずに、それも自分だという風に生きていくと、すっと楽になる。そんなこと思ったの、つい三、四日前なんだけどね。(笑)…

 
(緒形拳「私と猫」)


 結婚してから初めて飼った猫タマ。ぼくが四十の時、その時の上司に頼まれて白い子猫をひきとった。何も考えずにタマと名付けた。臆病だったけど病気一つせず18年の天寿を全うした。この18年間はぼくにとって最も忙しい時期でもあった。

 まだ暗いうちに家を出て、帰ってくるのは大抵深夜過ぎ。子供の頃からずっと猫がいて一緒に育ったようなものだけど、自分で「飼う」というのは初めてだった。でもタマが来て感じたのは子供の時とおんなじで飼うというより一緒に暮らすという感覚だった。

 タマのおかげで家に居る貴重な時間がどれほどくつろいだものになっていたか、それが寄り添うということだったのだと、最近になって実感するようになった。猫の持つ独特の距離感ときまぐれさが却ってさり気無い寄り添い感を作り出してくれる。

 2005年の5月3日、タマはカミさんの膝の上で突然逝ってしまった。タマの晩年は穏やかなものだった。ソファーの陽だまりの中で寝ることがなによりも好きだった。自分の老後もこうだといいなぁ、と思いつつその隣にそっと座ったことも何度かあった。

 今、ぼくも歳をとって目はかすむし、歯は抜ける、腰は痛いし息切れもひどい。でもそれは抗ってみても仕方のないことだと思うようになった。緒方拳の言うように猫と暮らすみたいに、老いに寄り添ってやるというのも大事かもしれない。まぁ、言う程簡単にはいかないと思うけど…。


DSC00059.JPG

catlife_base.gif



 *緒方拳のこの文章は2008年の雑誌「猫びより」7月号に乗ったものです。その後この緒方拳を含め何人もの著名人がこの雑誌で自分の猫を語った部分を集めて「私と猫」という一冊の単行本になりました。

 緒方拳が亡くなったのは2008年の10月、71歳でした。この記事が載ったのが2008年の7月号ですから、ということはこの雑誌が取材していくらも経たないうちに亡くなっているということになります。

 この頃にはご本人も自分の病状には覚悟をしていたようなので、彼の口から発せられたこの言葉には実感と凄味があるように思います。彼が愛ネコの「オーイ」達と写っている写真はまさに枯れた大木のようでした。

 **緒方拳の自宅は京浜東北線沿いにあって細長い彼の家の庭をそとネコがいつも通り抜けていました。彼は通り過ぎる何匹かのネコに、「品川、大井、蒲田、川崎」などと駅名をつけていたのだけれど、その中の茶トラの「オーイ」だけが居ついて家猫になったらしいです。


..
nice!(52)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その21~ [猫と暮らせば]

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その21~

DSC03680r.JPG



 ■ 猫は、毛皮を被った道楽者である。(テオフィル・ゴーティエ)
  The cat is a dilettante in fur. (Theophile Gautier)
  

 確かに猫を見ていると「額に汗して」というタイプではないなぁと思う。冒頭のように19世紀のフランスの詩人テオフィル・ゴーティエ(名前は知っていても作品は読んだことはないけど…)はそれを道楽者と表現した。でも、道楽者というと落語に出てくる若旦那みたいに、吉原通いや芸者衆に入れあげて挙句の果てに親に勘当される(落語「船徳」「湯屋番」「唐茄子屋政談」のように)みたいなイメージがあるのだけれど、ちょっとなんか違うなぁ。

 そこで元の文章を見ると英語では「The cat is a dilettante in fur.」でもゴーティエはフランス人だから当然フランス語に違いないのでフランス語では「Le chat est un dilettante en fourrure.」となっている。いずれも「道楽者」というところには「dilettante(ディレッタント)」という言葉が使われているので、ここら辺が彼が言いたかったところなのだろうか。

 ディレッタントという言葉は調べてみると、「専門家や学者ではないが、文学や芸術を愛好し、趣味生活にあこがれる人。つまり好事(こうず)家」となっているけど、日本ではディレッタントと言うとアマチュアとか生半可に知識などをひけらかす人を小ばかにしていうことが多いらしいが…。

 でも、西欧ではこのディレッタントという言葉にはそういう嘲笑的な意味合いは無いようだ。むしろ尊敬の香りさえ漂っている。例えばウィーン楽友協会(Gesellschaft der Musikverein in Wien)の設立から長いことその演奏活動を支えていたのはディレッタントと呼ばれる演奏家たちで、彼らは音楽以外にほかに職業を持っていたというだけで演奏技術はプロの演奏家たちと何ら変わらなかった。敢えて今風に言うなら「玄人はだし」という事かもしれない。 

 では猫はいったい何のディレッタントなのかといえば、それは優雅に人生を楽しむディレッタントなのかもしれない。いつも居心地のいい場所に陣取って、自分の関心の向くままに生きようとしている。似たような表現になるけど、寺山修司はもっと過激な表現で「猫は財産のない快楽主義者」とも言っている。ぼくらが日常生活で目いっぱいになって心の余裕がなくなってしまっているような時、猫を見てフト肩の力が抜けるような気になるのは、そんなところから来ているのかもしれない。




anicat2.gif
gillmans_cats.gif





nice!(46)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その20~ [猫と暮らせば]

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その20~

leo&mebw01.jpg



 じゃまする楽しみ(第17章)
 
  
暖炉の前での読書、
  手紙を書くこと、そして
  ゲームなどのたぐい

 上にあげたことは猫はしません。人間がすることです。でも人間がこういうことをしていいのは、猫が許可したときに限ります。家族がこの手の気晴らしをしたいときは、まず猫の許しを求めること。猫がいっしょに遊びたいときには、人間は自分だけの気晴らしにふけってはいけない、という規則を早目に徹底させましょうね。…


 ■ じょうずな話し方(第12章)

 欲しい物があるとき、この「声を出さないニャーオ」はすごいききめを発揮します。ほんとよ。でも使いすぎてはだめ、ここぞという時のためにとっておかなくては。
 これのやりかたは実に簡単です。ふつうのニャーオ、たとえば「外に出たいからドアを開けて」とか「おなかがすいた」とか「これは気に入らない」とかの意味を伝えるニャーオをいうときと同じに、相手を見つめて口を開けます。ただし、声は出しません。
  たったこれだけのことなのに、その効果たるや劇的です。男も女も心を揺さぶられて、まずどんなことでもしてくれます。…

  (「猫語の教科書」(The Silent Miaw)/灰島かり訳」ポール・ギャリコ/筑摩書房)




 猫を巡るアフォリズム(Aphorisms on Cats)が20回を迎えたということで、今回はアフォリズムではなくて、ぼくの好きなポール・ギャリコの本「猫語の教科書」の一節から。これは猫のための猫による人間のしつけ方の教科書なのだ。原題はThe Silent Miaw、つまり声を出さないニャーオ。これが人間を躾ける時のキモで、これにかかったらどんな飼い主もイチコロというわけだ。

 でもこれは乱用したらダメだよとも、この教科書は教えている。ウチでこれを一番心得ているのはレオだろう。チンチラのレオは普段はあまり鳴かない。水飲みの水を替えて欲しい時でもその前にジッと座り込んでいる。こちらが何かをしていてあまりにも気づかないと、ぼくの所にやって来て一言軽く「ニャー」と。

 ぼくに何かをして欲しい時は近寄って来てこの短い「ニャー」を言う。ぼくの方はもう猫達に充分躾けられているので、そのニャーがご飯なのか、ご飯のお替りなのか、水の交換なのか、それともちょっと汚れたトイレの掃除なのかは分かるのだ。レオの場合、他のクロモモのように机の上に広げた書類に寝転ぶなどの「じゃまする楽しみ」の趣味は余りないので、ほんとにたまにおこる遊んで欲しい衝動の時にこの「声をださないニャーオ」を使うようだ。

 レオが尻尾を真っ直ぐ上にあげて、立っているぼくの足元に来てぼくの目を見上げている…、あ、鳴くなと思ったら鳴かない。口を開けてまさに鳴く仕草をしながら声は出さない。「どしたの?」といって今度はぼくがしゃがみこんで顔を覗き込むと、またこの「声をださないニャーオ」。 そうすると、こっちはちょっと不安になってぼくの頭はフル回転して、あれはもうしてあるから、あれでもない、これもさっきやったから、これでもない、ようやく、ああ、きっとアレなんだなと遊び用のおもちゃにたどり着く。

 考えて見れば、レオはご飯だって、水だって、トイレの掃除だって最初は皆この「声をださないニャーオ」だったのだ。それがぼくが躾けられてレオの要求が分かるようになった時点から短いただの「ニャー」になったのだ。それはぼくが学習したから、普段は何もいちいちとっておきの「声をださないニャーオ」を使う必要が無くなったのだろうと思う。してみるとレオは今こう思っているのかもしれない「こいつは、いつまでたってもオレが遊びたいって言ってるのを覚えないんだにゃー」と。それにしてもレオはいつあの教科書を読んだのだろうか?




kittyrun.gif
cats_life.gif



nice!(70)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その19~ [猫と暮らせば]

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その19~

DSC01014sa.JPG



 ■ いつも言っているように、犬はね散文なの、ネコは詩だわ。 (ジーン・バーデン)
  A dog, I have always said, is prose; a cat is a poem.(Jean Burden)

 ■ 犬は素晴らしい散文かも知れない、しかし猫だけは詩なのだ。(フランスの諺?)
  The dog may be wonderful prose, but only the cat is poetry. (french proverb)



 猫に関する色々なアフォリズムを見ていると、その3割位は犬との対比がされているのに気づく。そして、その殆どが犬を小ばかにしたようなものだとも気づく。ぼくは子供の頃からずっと犬と一緒に育ったし大好きなのでそういうモノには余り組しないけれど、このアフォリズムは別に犬をバカにしているわけではないし、両方と暮らした経験から言えば上手く言えている感じがする。

 散文は英語でproseと言うけどこれは率直なとか真っ直ぐなと言う意味から生まれているらしい。人間との長い共生の歴史の中で犬の習性はかなり詳しく知られていて訓練の方法も確立されている。それもあって犬は人間の心や意志に率直に応えてくれる。だからその反応も散文のように分かりやすいかもしれないし、ある意味では論理的だ。

 それに対して猫の方はどう見ても率直とは言えない。飼い主(そもそも飼い主とは思っていないけど…)との駆け引きがあったり、ぼくらの計り知れない気まぐれさがあったり、行動一つとってもいろいろな解釈の余地があったりして…。しかし、じゃあ猫とはコミュニケーションが取れていないかと言うとそうとも言えない。飼っていれば、それこそのように直観的に感じることが出来る。またのようにその本当の意味をじっくりと手探りする楽しみも残されていると思う。

 昔まだ大学生の頃友達と散文とどちらが優れているかという青臭い論議をしたことがある。友人は散文こそ論理的で人間の英知だと言う、その証拠にや俳句ではマルクスの資本論も学術論文も伝わらないと言った。ぼくは論理的な文章だけでは伝わらない情念のようなものがあり、それはと言う形でより心に届くしそれに学術の世界だってアインシュタインの相対性理論のE=mc2という真理はいかにも簡潔でのように美しいではないか、という訳の分からん理屈をこねたことがある。

 結局その時は、それは特性の話であって優劣の問題ではないのだろうということになったけれど、犬と猫の論議もまたそれに近いと思う。 …という訳で、ぼくは今日も三篇の難解なと暮らしいている。パズルのような猫たちと暮らしいてるうちに、最近は読み解くよりも鑑賞していたいと思うようになった。



MomoDSC01447.jpg




gillmans_cats.gif

catj0213512.gif



nice!(56)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その18~ [猫と暮らせば]

猫を巡るアフォリズム Aphorisms on Cats ~その18~


Leoinbed.jpg


 ■ 猫は、世の中の全てのものに"用途"がある訳ではないことを我々に教えようとしている。(ギャリソン・ケイラー)
 Cats are intended to teach us that not everything in nature has a purpose. (Garrison Keillor)


  歳のせいか、最近夜中にトイレに起きることが多くなった。昨日も夜中の3時ごろトイレに起きて用をすませてから寝室に戻るとレオカミさんの枕に頭を乗せて寝ている。

 ところがレオは余り寝相が良くないので段々と頭が枕から離れて行く。別にカミさんに遠慮している訳ではない。無意識なのだろうが何とか頭を枕の上にキープしておきたいと手で枕の端をつかんで必死に耐えている。でも眠っている。見ていて可笑しくなってしまった。

 その時ふと冒頭のケイラーの言葉を思い出した。ここで言う"purpose"とは、目的というより用途とか使い途という意味だと思うのだけど、世の中はそればかりじゃないよと猫は言っているということかな。

 世の中には確かに警察猫とか麻薬探知猫とか、盲導猫や牧羊猫とかなんか居ないけど、だから猫はダメなのか。もっと言えばネズミを捕らなくなった猫はダメなのか。でもそれは人間の都合で、人間は自分勝手で自分の役に立たなくなったらいつでも放り出されるかもしれない。そればかりか中世には猫は魔女の手下とされて何万匹も殺されたこともあった。猫はその時のためにいつだって一人で生きられるように人間には用心している。

 「わたしは一人でも生きていけるんだけど、飼うのはあんたの都合なんだから、ちゃんと面倒みてちょうだい。それにあんたの言うことなんかきかないし、あんたの用なんかもしないからね。何でも自分の役に立つと思ったらそうはいかないわよ」というのが猫の言い分なんだと思う。

 確かにそうだね。でも君たちはもうとっくにぼくの役に立ってしまっているんだよ。ネズミを捕らなくたって、犯人を嗅ぎ分けて追い詰めなくたって、羊を集めなくたって、道案内しなくたって、ただ一緒に暮らしているだけでいいんだ。ぼくにはそれで充分なんだ。充分役にたっているんだ。



R0011165rb.JPG



00046126.jpg
cats_life.gif

nice!(68)  コメント(8) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 猫と暮らせば ブログトップ