So-net無料ブログ作成
検索選択
新隠居主義 ブログトップ
前の10件 | -

虻蜂取らず [新隠居主義]

虻蜂取らず

futamata2017.jpg

 昔からの友人と二人で久しぶりに福島に行こうということになって、今回は会津の秘湯巡りをしようということになった。友人は温泉にも酒にも詳しく、会津の秘湯にも何度か来ているということで案内してもらうことになった。鬼怒川温泉駅まで電車でゆき、そこでレンタカーを借りて温泉を巡ることに。

 福島は隠れた名湯がたくさんある上に酒もうまい。本当はのんびりしたいとこだが、今回はできるだけ多くの温泉を「味見」して回ろうというのでまる二日間走り回った。(と言っても運転したのはぼくではないのだけれど…) 結局下記のように二日間で七か所の温泉に入った。

[一日目]東京→鬼怒川温泉→湯の花温泉(石の湯、弘法の湯)→木賊[とくさ]温泉→南会津の旅館→休憩→古町温泉(赤岩荘の湯)→南会津の旅館泊
[二日目]南会津の旅館→朝一、尾瀬檜枝岐[ひのえまた]温泉(燧[ひうち]の湯)→宿に戻り朝食→大内宿→二岐[ふたまた]温泉(大丸あすなろ荘の渓流の露天風呂、自噴泉甌穴の湯)→塔のへつり→湯野上温泉民宿泊(民宿の温泉)
[三日目]台風のため即帰宅。


minamiaizu2017.jpg

 風呂は大抵地域の有料の共同風呂が多かったのだけれど中には湯が熱くてとてもまともには入れなかった所もあったけれど、概ねは情緒もあって気持ちの良いお風呂だった。やっぱり露天風呂が解放感もあってよかった。中でも二岐[ふたまた]温泉の大丸あすなろ荘にある渓流の露天風呂は清らかなせせらぎに沿った眺めも抜群の湯だった。(一枚目の写真)

 この温泉宿は「日本秘湯を守る会」にも登録されており、その中でもこの渓流の露天風呂はおすすめの場所なのだけれど…。脱衣所で裸になって露天風呂のところにゆくと余りに眺めが良いので、ぼくらが入った時には他には誰も居なかったこともありスマホで写真を撮ろうとした。

 スマホのカメラを構えた途端身体の数か所に鋭い痛みを覚えた。はっと気が付くと何匹かのアブが襲いかかってぼくの身体を噛んでいる。(刺すのではなく、アブは噛んで血をだしそれを舐めるらしい) スマホを戻し慌てて湯船につかったけれど既に遅し。腕、背中、お尻それに太ももの四ヶ所をしっかりと噛まれた。

 噛まれた箇所は赤く腫れあがって猛烈に痒い。帰宅してから抗ヒスタミン剤を塗っているがなかなか腫れもひかず今でも痒みは残っている。二週間くらい続くこともあるそうだ。諺に「虻蜂取らず」ということがあるけど、大人しく速やかに湯船に入っていれば良かったものを、ちょっと写真なんか撮ろうとしたばかりに、お湯も写真もどちらもまともに楽しめず…虻蜂取らずになってしまった。(宿の人の話だとお盆を過ぎた頃になればアブは居なくなるそうだ) でも、とても楽しい旅だった。



   01a6d28434d82a84f2d6874f186f4f510676ea2de9.jpg010af61ee2f7d1d90376e445458e542370859a7050.jpg
   01875221736a7b007f2ce253dbe86fd7dc14f83ddb.jpg0108eff659e5f5e170224d7a92de3790828aee9c77.jpg
   0189ba85ccc5f827b04f38cf563d7d6db7223a71fa.jpg019c44e67f58c12a89cf7a50371f21a3ea280fe002.jpg
   0153621199def9cdba125b2bfdf06c6bee55eb16f6.jpg


[写真]上から
1.二岐[ふたまた]温泉の大丸あすなろ荘にある渓流の露天風呂…お盆前はアブに注意とのこと…入る前に言って欲しかったなぁ〜
2.南会津の旅館で会津の銘酒をいただく
3.大内宿…江戸時代の宿場町の茅葺の家並みが美しい
4.会津は酒どころと言いつつ、次々と飲み比べ
5.コップ山盛りの酒が嬉しいのだけれど、香りがわからないのが、残念
6.子持ちの鮎の塩焼き、小骨が苦手だけれど…
7.湯の花温泉の石の湯…温泉が石の間から湧き出ている、でも熱すぎて…
8.木賊[とくさ]温泉の湯はここからさらに坂を下りた渓流のところにある
9.スーパーにはお盆用のお供物が…すごい原色、地方によって特色があって面白い



j0318056.gifInkyoismlogo.gif


 *旅の醍醐味はやっぱりその土地とちの食と酒と人。今回も南会津の旅館の親父さんや、湯野上温泉の三部屋しかない民宿のご夫婦との楽しい会話がありました。湯野上の宿のひょうきんなご主人と上海出身のパワフルな女将さんとの掛け合いはまさに至芸でしたね。
..

nice!(33)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

[Déjà-vu] 薄れゆく記憶 [新隠居主義]

[Déjà-vu]  薄れゆく記憶


DSC_0415bwS.JPG

 若い頃からずっと働いていた会社のOB会から時々会報が来る。OB会の総会などの席には顔を出したことは無いけれど、時たまくる会報には目を通すようにしている。活動報告の欄などには大抵は顔も名前も知っている人物が出てくるのだけれど、最近はちらほらと見知らぬ顔や名前も現れ始めた。

 そんな中で昨日来た会報に目を通していたら訃報欄に昔の同僚の名前を見つけて何とも表しようのない感情に襲われた。むろん、訃報だから悲しいのだけれど、ただ悲しいのではなくて今まで彼が過ごしてきただろう時間のことを思うと何ともやりきれない思いがした。

 当時同じ部署で働いていたH氏は歳はぼくより3つくらい下だったけど会社では先輩だった。彼とはそれ以前にも別の部署にいる時も一緒だった時期もあって気心は知れていた。仕事には気骨のある人で時には暴走気味になることもあったりして、人によって評価は分かれるところだったが、ぼくは彼のそういうところも買っていた。

 そんな彼がある日、頭痛が続くということで近くの大学病院に検査に行くことになって早退すると…。ぼくも事前にその話は聞いていたのだけれど、昼近く外出するときに会社の前でこれから病院に行くという彼とすれ違って二言三言言葉を交わした。どこが悪いのかと思うほど元気そうだった。しかし結局元気な彼と言葉を交わしたのはそれが最後になった。

 診断は脳腫瘍だったのだけれど、手術の結果命は取りとめたが、視覚の半分を奪われ身体の自由もきかない状態になってしまった。視覚は目の障害ではなく脳の障害によって起きている視野狭窄のため、顔を左右に動かしても常に視野の半分を認識しないという深刻な状態だった。

 もちろんそんな状態では仕事を続けることはできないが、その後もかなりの期間は在籍して当時はまだ余裕のあった健康保険組合からも医療援助を続けたと聞いている。ぼくも何回か面会したけれど、胸のつまる思いだった。リハビリも段々と本人の意欲がなえてきて成果ははかばかしくないとも聞いた。

 あれからもう15年以上もたったかもしれない。その間にぼく自身も一時は車いすの生活を余儀なくされるようなこともあって、彼の記憶も遠ざかって行った。とは言え彼とは特に最後の頃業界の色々な問題に取り組んでいたこともあって、それに関係するようなニュースが流れると、あんなこともあった、こんなこともあった、と思い起こすことはあるのだけれど…。

 記憶が遠のくのはもちろん悪いことばかりとは言い切れない、辛い記憶が時と共に遠のくからこそ人は生き続けていけるということもあるかもしれない。でも、一方その記憶が遠のいてゆくこと自体に悩んだり、またそういう自分を責めたりすることもあるかもしれない。

 それと直接は関係ないけど、ぼくの嗅覚がダメになって半年以上たったが、今その嗅覚の記憶が段々と遠ざかっているような気がする。以前は嗅覚がゼロでもテレビで火事の場面になると焦げ臭い匂いを感じたり、コーヒーの画像でいわば幻嗅ともいえるような匂いを感じることが多かったのだけれど、それも最近減ってきているような気がする。

 今、匂いを想い出すということは難しくなっている。コーヒーの香りやワインの香りばかりでなく、あの夏の草いきれの匂い、食欲をそそる少し焦げた醤油の匂い、大好きなオーデコロン4711のあの柑橘系の匂い。まだまだ忘れたくない匂い・香りが山ほどあるのに、その記憶がどんどんと遠のいてゆく。例えそれが香りのデジャブでもいい、一瞬でも蘇ってくれないものか。



AG00333_.gifInkyoismlogo.gif

nice!(45)  コメント(3) 

右か左か [新隠居主義]

右か左か

FxCam_1350885847297recht.jpg

 時代にベクトルというものがあるとすれば、世界は散々往したあげくに急速にに舵を切りはじめたように思う。とはいえ世界で今繰り広げられている色々な事象をみると、もはやとかとかいうシンプルな軸だけでは説明できないような段階に来ている気もするのだけれど…。

 だいたいとかとかいうのをちゃんと説明しろと言われるとなかなか難しいのだけど、辞書を引いてみると面白いことがわかる。試しに今手元にある何種類かの辞書で「」をひいてみると、例えば広辞苑では「南を向いたとき、西にあたる方」とあるし、大辞泉では「東に向いたとき南にあたる方。大部分の人が、食事の時箸を持つ側」とある。

 またオックスフォード英英辞典では「その人の顔が北に向いたとき東側を向いている体の側面」みたいなことが書いてある。あっちを向いたり、こっちを向いたり忙しいが、なるほど世界中でどこでも通用するように不動なものとして東西南北を使って自分の「」を定義しようとしているわけだ。野球のサウスポー(south paw)なんかもここら辺からでているらしい。

 それ以外の説明の仕方としては、明鏡国語辞典では「人体を対称線に沿って二分した時、心臓の無い方」とかドイツ語のDuden独独辞典では「自分から見て心臓の反対側の位置の方」みたいなことが書いてある。ここでは普遍的なものとして心臓の位置を基準にしている。ただ、いつもは心臓がにあることをあまり意識していないし、医者に聞くと心臓はというより殆ど真ん中に近いらしいから説明材料としてはどうか。

 こうなると当然、あの新明解国語辞典にはどう書いてあるのかが気になるのだけれど、そこには「アナログ時計の文字盤に向かった時に、一時から五時までの表示のある側」とあり、やはりこの辞書は只者ではない。なぜ6時は入らないかというと、そこはきっと「」ではなくて「下」になるからだと思われる。

 ふつう子供は親から「お箸を持つ方が」と教わるらしいのだけれど、ぼくは元来左利きなので…。それでも今はお箸と字を書くのだけはになっているので、どこかの時点で直されたのだろうけどその記憶は無い。今でもその二つ以外は全部で、字もでも不自由なく書けるが、そのかわりで書くといわゆる鏡文字になって裏返しになってしまう。箸もなんとか左でも使えるけど、「なんちゃって右利き」になった副作用としては他人に言われると瞬間的に右左の判断ができないことだ。頭で考えてしまってどうしてもワンテンポ遅れてしまう。

 困ったのは自動車の運転免許をとる時だった。免許は一度二十歳代の時に取りに行ったのだけれど、あまりにも威張った態度の教官と喧嘩してやめてしまった。今の免許は四十歳になってからとったので幾分世間慣れして我慢することも覚えたので何とかとることができた。それでも張り倒してやりたいと思うような教官がやっぱり一人だけいた。

 仮免許をとって路上教習の時は教官が助手席に乗って、教官の指示した道を運転するのだけれど、「あ、次を」とか「そこの角をね」と言われてもワンテンポ遅れる。昔だったらパニクるところだけど、歳もとっていたので「はい、わかりました、折ですね」とか言って時間稼ぎをする。最初は教官も普通に聞いていたのだけれど、そのうち「こいつはどうも左右が即断できないんじゃないか」と思い始めたらしい。

 ある時路上教習でいつものようにぼくが「はい、そこを折ですね」というと、その教官は「そう、はいつも折、はいつも折に決まってるんだよ!」とぶっきらぼうに言った。ここまではまぁ許せたのだけれど、そのあと彼が言った一言は許せない。「あんたさぁ、どうも左右がすぐ分からないみたいだねぇ。じゃあ、上下はどうなの? 上下はすぐわかるの?」 また、張り倒してやりたくなった。



lento_20121022150211c.jpg


a034ani.giflogo2.gif

*「右であれ、左であれ…」というとすぐにジョージ・オウエルの「右であれ、左であれ、我が祖国(My country Right or Left)」を想い出すし、「右だろうと、左だろうと…」というと石原裕次郎の「右だろうと、左だろうと、わが人生に悔いは無し」を想い出してしまいます。なんとも難しい時代になりました。

**辞書による「右」の説明
・Oxford Advanced Learner's Dictionary…[right] of,on or towards the side of the body that is towards the east when a person faces north.
・Duden Deutsches Universalwörterbuch…[recht] auf der Seite [befindlich], die beim Menschen der von ihm aus gesehenen Lage des Herzens entgegengesetzt ist.
・大辞泉…東に向いたとき南にあたる方。大部分の人が、食事の時箸を持つ側。
・明鏡国語辞典…人体を対称線に沿って二分した時、心臓の無い方。
・新明解国語辞典…アナログ時計の文字盤に向かった時に、一時から五時までの表示のある側。


nice!(48)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

輝ける闇 [新隠居主義]

輝ける闇

DSC07365bw.JPG


 ■ 輝ける闇

 …ある日、一人の友人に作品のテーマを説明して、もしうまくいったらこういう感覚を表現してみたいのだといった。

 何でも見えるが何にも見えないようでもある。
すべてがわかっていながら何にもわかっていないようでもある。いっさいが完備しながらすべてがまやかしのようでもある。何でもあるが何にもないようでもある。

 友人はウィスキーのグラスをおき、それはハイデッガーだといった。ハイデッガーにその観念がある。彼は現代をそういう時代だと考えた。それを「輝ける闇」と呼んでいる、と教えてくれた。…

   (「あぁ、二十五年。」開高健/潮出版社)



DSC07379bw.JPG


 後に開高健の「闇」三部作(三作目は未完)となるその最初の作品「輝ける闇」のタイトルを決めるくだりが上のような感じで、彼はそのタイトルを梶井基次郎の使った「絢爛たる闇」という言葉とのどちらかにしようかと迷ったらしいが結局「輝ける闇」の方にしたという経緯があるらしい。

 ハイデッガーが「輝ける闇」という言葉をどういう文脈の中で使ったのか哲学に疎いぼくには分からないけど、ぼくが注目したのは開高健の言った前半の方だ。読めば読むほど、それって正にインターネットの世界のようではないか。そういう状態を「輝ける闇」と称し、それこそ今の時代がそうなのだととらえると、それはそれで今の時代を掴む一つの切り口になるかもしれないと思った。

 彼の作品「輝ける闇」自体はベトナム戦争下における私小説的な色彩のもので、ハイデッガーの「輝ける闇」とは直接関係ないと思うのだけど、彼がこの作品に取り掛かろうとした時、彼の頭に去来したカオスのようなものは正に今日的なものだったような気がする。

 日常生活で日々インターネットに接していると、ある時はそれが民主的社会の守護神にも、知恵の集合体のようにも見え、またある時には逆に軽薄さ、愚かさの集合体のようにも見える。そこに流れている情報も本当のようで、嘘のようで、嘘のような本当のようで…。不都合なことを世間の目から隠そうと思ってもウィキリークスのようにどこかしらから漏れ出して来たり、それでいてサイバー空間の背後では企業、組織や国家の作為がうごめいている胡散臭さも漂っている。

 あらゆる面で情報は出てくるが、それが真実かどうかわからないし、それを見極めるぼくらの力と意欲は逆に弱まっているかもしれない。「検索」で得たぼくらの断片的知識はぼくらの頭の中でいつか再構築され真に活きた知識になってゆくのだろうか。この輝ける闇は既にぼくらの時代をすっかり覆っているからそれを使わないから、とか関わらないから、といって頭の上を過ぎ去ってゆくものでも、昔に戻れるものでもない。

 超大国の指導者がデルファイの巫女のように、たった140文字の舌足らずなメッセージを頻繁にだし、それに人々が翻弄されている。別の場では匿名性に隠れてむき出しになった感情が噴き出す。誰もがネットに繋がった映像デバイスを持ち歩き時代の証人になってゆくが、時には映像も巧みに編集され改ざんされ流布されてゆく。きっと、ぼくら一人ひとりが今、輝ける闇の中を手探りで歩んでいるのだ。輝ける闇がその輝きを失ったとき、本当の闇が訪れる恐ろしさも感じている。




j0236210.giflogoinky.gif


..

nice!(39)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

変哲も無い日常 [新隠居主義]

変哲も無い日常


DSC07294rs.JPG

 ツツジの季節も終わって、公園の丘は草が生い茂げり、風が吹くとそれが波のように揺れて風の通り道が見えるようだ。カメラを構えたぼくの後ろからやってきた風が、ぼくの頭を通り越して前の草むらをフーッと一吹きしたように一瞬へこませて過ぎ去ってゆく。そんな時ほんとうは草いきれもするのだろうけど…それはぼくには分からない。 何の変哲もない日常がキラキラと輝いて見えるこういう瞬間が良いなぁ。

 
ぼくは放浪癖があるのか、暫くジッとしていると何処か遠くに行きたくなる。そのくせ、旅に出るとすぐにウチに帰りたくなるという厄介な性格だ。旅に行きたいと言っても何か特別なものが見たい訳ではなくて、敢えて言えば他の日常に身を置きたいという欲望が湧いてくるのかもしれない。かと言って、今の日常が嫌だとか飽きたという訳では全然なく、それどころか何の変哲も無いありふれた今の一日をどんなにか愛おしく感じているのだけれど…。

 旅にでてもそこでゆっくり飲める飲み屋とくつろげる部屋があればそれで良いので、旅先のホテルの部屋でも何とかそこでの小さな日常を作り出そうとして、洋服や持ってきた身の回り品のしっくりくる置き場所を求めて部屋の中をウロウロしたりしている。何のことはない、オランウータンの巣作りみたいなものだ。

 でも、歳をとると段々と遠くの初めての土地に足を踏み入れるのがおっくうになって、出来れば何処か遠くの国か街に馴染みの宿と飲み屋があって、そこに行けば異なる日常のスイッチが入るなんて…不届きなことを夢見ている。沖縄はぼくにとってそういう土地になりつつある。もちろん、それは沖縄が数千円で行ける時代になったからなんだけども…。そんな足元の日常とか、もう一つの日常などと言う事を考えていたらそう言えば画家のアンドリュー・ワイエスがそうだったなぁ、と思い出した。

 ぼくはアメリカの画家アンドリュー・ワイエスの絵が大好きだ。彼の絵の特長の一つに、風景や情景などで描く対象となっている地域が極めて限定されているということがある。描く対象というよりは彼が居た場所が極めて限定的だったということ。旅行も殆どしなかった。秋から夏は自宅のあるペンシルバニア州のチャッズ・フォードという村で生活し、夏から秋にかけては別荘のあるメイン州のクッシング村に滞在した。代表作の「クリスチーナの世界」もそのような環境で描かれた。

 狭い日常の世界、地域的にも限定された極端な地方性について彼は「…このひとつの丘が私にとっては何千の丘と同じ意味を持つ。このひとつの対象の中に私は世界を見出す」と語っているし、また「…題材を変えることは私にとってそれほど重要なことではない。なぜなら、ひとつの題材からいつも新しい発見があるからだ」とも言っている。(「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」/Bunkamura)


DSC07271rs.JPG

 この間渋谷の東急Bunkamura Museumにアメリカの写真家ソール・ライターの写真展を見に行ってライター自身が述べた同じようなフレーズに出会った。「私が写真を撮るのは自宅の周辺だ。神秘的なことは馴染み深い場所でおきると思っている。なにも、世界の裏側まで行く必要はないんだ」(「All about Saul Leiter」/青幻舎)

 彼はファッション写真などの世界から退いた後、ずっとニューヨークの自宅周辺の写真を撮り続けた。彼の写真には何の変哲もない日常の中にきらめく愛おしいような瞬間が定着されていた。それは彼が言うまさに「神秘的なこと(mysterious things)」なのだということが抵抗なく納得できる写真の数々だった。日常を深く感じとれれば、そこには全世界を見ることと等価な世界があるのだと彼も言っているような気がする。まだ自分の中で燻ぶっている旅への誘惑に抗いつつも、ぼくも今まで以上に身近な日常の世界を深く感じ取れるようになりたいと思っている。



fruhlingrs.jpg



Ajisai.jpg


nice!(47)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

無口な手 [新隠居主義]

無口な手


altehaende01b.jpg


 ■ 母の日の てのひらの味 塩むすび (鷹羽狩行)


 母の使っていた歳時記を読んでいたら鷹羽狩行のこんな句が出ていた。そういえばぼくも子供の時はよくおやつの代わりに母におにぎりを握ってもらった覚えがある。ウチの場合はもあったけれど、どちらかと言えば味噌のおにぎりが多かったような気がする。

 おにぎりを握るとき、母は掌に味噌を塗ってその手でシャカシャカと握っていた。母の手のひらの味はよく覚えていないけれど、その手の生き生きとした表情は子供心にもいかにも手際がよさそうで見ていて心地よかったのを覚えている。

  子供の頃の記憶にある母の手は実に雄弁だった。父の工場の手作業をテキパキと助ける傍ら、三味線を弾き日本舞踊も習っていた。父が商売を辞めてからは、母の手は日本画、油絵、木彫りそして習字にと益々雄弁になっていった。その母の手が沈黙し始めたのは数年前からだった。

  いつも書いていた俳句用の母のメモ帳の文字が乱れ出したと思ったら、やがて文字が判読できないものに変わっていった。それでも母の手は懸命に折り紙を折ろうとしていたが、ある時からそれも無理になった。そして言葉も殆ど発しなくなった母との唯一残された意思疎通の手段が手だった。

  母の調子の余程いい時は何かつぶやくが、それ以外はぼくが何か言うと分かったと言うふうに手をギュッと握りしめた。今、その母の手が本当に無口になった。ぼくが話しかけながらちょっと強く手を握りしめると、いつも握り返していたのが、返ってこない事が多くなった。

  車椅子の上で、ジッと目を瞑ったままの母の手は、辛うじて母の心に繋がっていた一本の細い糸だったのだけれども、それも今途切れようとしている。ぼくはその母の手を握りながら、その二つの手をジッと見つめて、暫くして持っていたスマホで一枚の写真を撮った。撮った写真をよく見てみたら、自分の手も母に劣らず皺だらけの手になっていた。老人が老人の手を握っていた。



Ajisai.jpg



..


nice!(28)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

無香生活宣言 [新隠居主義]

無香生活宣言

Aromalose2017.jpg




 結局、嗅覚は戻ってこなかった。今もゼロである。昨日は手術後三か月で術後の最終診察日だったのだが、三か月たっても嗅覚が戻っていないということで、医者にこれ以上の改善は期待薄だと言われた。どうやら嗅覚の神経自体がダメになっているらしい。

 嗅覚は大事な五感の一つなのだけれど、嗅覚が全くのゼロになっても障害とは見なされないということだった。それは一つには嗅覚能力の厳密な測定法が無いのも一つかもしれないが、ソムリエや調理師や調香師でもない限り社会生活にさして支障はないだろうという位の世間の認識もあるのかも知れない。

 だが、ちょっと考えれば、以前ぼくも部屋の壁のペンキを塗っていて危なく倒れそうになったけど、シンナーや強い揮発性の匂いも分からないので昏倒リスクが高まることくらいは想像できるし、火事の初期段階のきな臭い匂いや、ガス漏れだって感知できない。もちろんこれらの生活上のリスク対応能力が低下することは由々しきことなんだけれども、実は匂いが無くなることによる本当のダメージは長い時間の中でボディブローのように効いてくるのだ。

 前にも書いたことがあるけど、匂いが全く無い世界というのは一言でいえばモノクロ映画を観ているようで現実感に乏しい。変な例えだけれど、テレビでやっているサスペンス・ドラマか何かで殺人事件のシーンがあって死後何日もたった被害者が見つかる。本当ならばその付近は腐乱死体の腐敗臭が立ち込めていて、現実には居たたまれない状況のはずだが、テレビを見ているぼくらは他人事のようにストーリーの展開の方に関心を向けることができる。それは匂いを抜くことによって現実感が薄まってゆく一つの例だ。匂いのない日常というのは要はそういうことなのだ。

 匂いが無いと毎日がどことなくうわついた、現実感を欠く浮遊感の中で過ぎてゆく。そのうち本当に奪われたのは匂いではなく、人生を噛みしめる貴重な瞬間、時間であったことに気が付く。全ての時間の質が変わってしまったことに気が付く。無くしたのは、ゆっくりとコーヒーやお茶を飲みながら本を読む時間であり、妻とバカを言いながらテレビを見つつワインを飲む時間であり、干した布団の陽の香りを胸いっぱい吸いこみそれに包まれて眠るという…。失ったのは上質な時間。

 昨日、もしかして、と言うはかない望みも絶たれて、言わば医者に「無香生活宣言」をされたようなものだ。でも、それで少しは踏ん切りがついたような気がする。まぁ泣き言は今日のこれ位にして、無くしたものを嘆き続けるより、残ったものに感謝してそれを磨き上げて、香り無き日常の楽しみ方を自分なりに探究してゆこうと思っている。それに良いことだって一つはある。匂いが分からなくなって猫のトイレを掃除するのが苦にならなくなったことだ。

Aromalose2017cbw.jpg

AG00333_.gif
Inkyoismlogo.gif


*最近テレビのコマーシャルを観ていると、
実に香りに関する事項が多いことに気が付きます。
印象としてはざっくり言って3割くらいは
香りに関するメッセージが入っているような…。
食べ物や化粧品の宣伝はもちろん
洗剤、芳香剤などの良い香りを売りにしているもの
また逆に匂いを取り去る消臭剤など等。
匂いが分からなくなると、実は世の中は
様々な匂いに囲まれていることがかえってよくわかります。


.

nice!(50)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

小さくなる背中 [新隠居主義]

小さくなる背中

Mutter972017.jpg




  …老いるってことは病(やまい)るってことと同じ。
 だけど、それは闘うんではなくて、猫とつきあうように、病とか老いに静かに寄り添ってやるもんだと思うんだよね。一緒に連れ添っていくというか。

 よく、頑張んなきゃとか、しっかり生きなきゃとかいうけど、頑張んなくてもいい、寄り添っていけば。力まずに、それも自分だという風に生きていくと、すっと楽になる。そんなこと思ったの、つい三、四日前なんだけどね。(笑)…

  (緒形拳「私と猫」)



 母はこの2月で97歳になった。それまでは比較的しっかりしていたんだけれども、昨年の夏の終わりころから急激に認知症の症状が顕著になり年末の介護認定の更新では要介護4ということになった。

 母が認知症と診断されたのはもう十年くらい前になるが、その時に当時通っていた大学院の精神医療の授業で教わっていた医師にそのことを相談したら、認知症を治す薬も予防する薬もまだないが、唯一症状の悪化を緩やかにする薬があるので服用した方が良いというアドバイスをもらった。

 かかりつけの精神科医に処方してもらって、幸いその薬が母にあったのか副作用はみられなかったので(叔母は一度その薬を試したがむくみの副作用がひどく止めたのだということを聞いていたので心配だったが…)以来ずっと続けていた。そのお蔭かその時々で状態に波はあるものの何とかやってこられた。もちろんその間にも、この前まではアレはできたのに最近は出来なくなったなどというものが徐々に増えていった。最初に俳句ができなくなって、それから新聞が読めなくなって、とうとう字を書いたりメモもとれなくなった。

 今は調子がいい時はぼくやカミさんのことは分かるけれど、そうでない時は話しかけても中々反応しなくなった。車椅子の生活なので足のむくみが気になってマッサージしてあげるのだけれどいつもの「ああ~、いい気持ち」という声も聞かれなくなったし、頸のマッサージをするために後ろに回るとほんとに背中が小さくなった。

 ここのところ二、三日日差しの暖かい日が続いたので近くのお寺に散歩につれて行ったのだけれど、周りに関心がなく早く帰りたがるようになった。以前は口癖のようだった、どこが痛いとかもう生きてるのが嫌になったとかは言わなくなったけれど、そうなると、そんな泣き言、繰り言でもいいから言ってもらいたいという気にもなってくる。車いすを押しながら、これから益々母の背中は小さくなっていくんだろうなぁと想った。気が付けば自分ももう身体の無理の利かない老いの中にいる。今は寄り添うことくらいしかやってやれない。

muti2017bw.jpg


j0395444b.jpg
Inkyoismlogo.gif

nice!(47)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

伊豆下田へ [新隠居主義]

伊豆下田へ

DSC00332sr.JPG


 去年の年末からぼくが嗅覚の手術をしたり、その後も嗅覚が戻らなかったり、母の状態がよくなかったりでストレスと疲れがたまっていたのだけれど、そんな状態をみてか有難いことに友人が伊豆下田への一泊旅行に誘ってくれた。

 ゆったりと行こうということで車ではなくて東京駅から踊り子号に乗ってゆくことにした。そういえば最近国内で列車で旅したことは余りないなぁ。会社にいる時は毎月のように各地への出張があったけれど、辞めてからは旅行と言えば飛行機か車が多かった。東京駅から伊豆急下田駅まで旅というには短く、乗ってしまえばほんの数時間だけれども、それはそれでとても楽しかった。

 伊豆半島に来るのは本当に久しぶりだった。高校や大学の頃は一人でテントを担いで西伊豆の松崎あたりをうろうろしていたこともあるけど、大人になってからはこっちの方面にはとんとご無沙汰になってしまった。伊豆急下田の駅前は昔と殆ど変らない感じだったけど、町並みはだいぶ変わっていた。

 駅から海の方へ少し行くと、平滑川沿いになまこ壁の古民家や古い街並みが続いていてペリーロードという名前までついていた。それらの家はカフェやレストランになっていてシーズンには観光客でにぎわうようだ。漁港の前には道の駅もできている。昔は干物屋と唐人お吉くらいのイメージしかなかったのだけれど…。


DSC00296rs.JPG


 ホテルは海に面した素晴らしい立地に建っていた。部屋は東側にあり、明け方には海の日の出が眺められる。生憎寝坊して日の出の瞬間は見逃してしまったけれど、それでも充分神々しい海の曙を拝むことができた。金色の雲から光芒が差し込み、その光は海の上に浮かぶ利島(としま)の上に降り注いでいた。黄金の希望の朝。少し気持ちが軽くなったような気がした…。
 

 ■ 明るさは 海よりのもの 野水仙 (稲畑汀子)


DSC00377rs.JPG

gilltoday01.gif
Tumekizaki.jpg




  *翌日は「水仙まつり」の行われている爪木崎に行きました。海岸には一面の水仙の花が咲いており、そこには同時に真っ赤なアロエの花も咲いていました。白い水仙の花との対比が美しかったです。日差しは春の温かさを予感させるものでしたが、河津の桜はまだのようでした。


nice!(48)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

トーハク散歩 [新隠居主義]

トーハク散歩

DSC00286rs.JPG
DSC00252rs.JPG



 去年の年末に入院して以来めっきり脚腰が弱くなった感じだ。十日位の入院だからどうってことは無いはずなのだが、そのくらいの期間でもやっぱりベッドに寝ているというのは全体的に体力が落ちるものなんだろう。というわけで最近はできるだけ意識して歩くようにしている。

 と言ってもただ歩くだけでは面白くないからできるだけ美術館など趣味を兼ねた処をふらつきたいのだけれど、そうそう美術展ばかり行っていても金もかかるし…と思っていたところ昔の学生時代のことを思い出した。大学の頃ちょうど学生運動真っ最中の時で休講や授業があってもセクトが乱入してきて急きょ追求集会に変えられたり、ついにはロックアウトになるなど、ノンポリ(学生運動に参加していない学生は当時そう呼ばれていた)のぼくにはポッカリと時間が空くことが多かった。

 そんな時は大抵上野の国立西洋美術館(セイビ)か東京国立博物館(トーハク)で時間をつぶしていた。当時は西洋美術館の二階のテラスと国立博物館の正面のユリノキの大木の下がぼくの恰好の読書&昼寝場所だったと記憶している。当時としては常設展の入場料位の金額で一日ゆったりと過ごせる場所はなかった。今ならマンガ喫茶とかネットカフェとかゲームセンターとか色々とあるのだろうけれど、生憎というか幸いと言おうかそんなものはまだ無かった。まぁ少しお金がある時にはジャズ喫茶位だったかもしれない。ぼくの大学時代には周りには当時盛んだった麻雀をやる友人も居なかったから、それに時間を食われることもなかった。

 話を今に戻すと、そんな昔のことを想い出して上野の美術館界隈を散歩コースにしようと思い立ったのだけれど、それを後押ししてくれるようなことがあった。今は特別展も入れる年間パスを持っているのだけれど、昨日行ってみたら常設展ならば70歳以上はいつでもフリーで入れることが分かった。西洋美術館は65歳以上が無料なのでこの二館だけでも十分すぎる散歩コースが組めるわけだ。

 ぼくの場合、たいてい日暮里駅から谷中を抜けて藝大の横を通って上野公園に入るので距離的にもちょうどいい感じがする。さらにはこの二館とも基本的には常設展示物の写真撮影はオーケーなのでその意味でもこれから楽しみが増えたような気がする。昨日は早速正月特別公開の長谷川等伯松林図屏風にお目にかかった。これから散歩がてら自分なりに美術の勉強もさせてもらおうと思っている。


DSC00249rs.JPG
DSC00290rs.JPG



sun.jpg
Inkyoismlogo.gif



..
nice!(38)  コメント(3) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 新隠居主義 ブログトップ